雪ダルマ日和

9月後半から諸事情で山歩きせず、そろそろ行ってもいいかなと思ったら体調不良で、ここ二か月ほとんど歩いていないのに、来週は踏査系の仕事。
ぎりぎり直前ですが、おらいの山にリハビリに。
天気予報で昼頃少し晴れ間がありそうだったので、ゆっくり出動。
f0118332_1192252.jpg

西川に入ると雨で暗かったが、国道脇の杉の木のてっぺんにカラスがモビングしているのが目に止まり、たまたま後続車がなかったので停車して見てみたら、クマタカ止まってた。
f0118332_11945100.jpg

志津着は11時過ぎ。最後尾に駐車。朝から来ているスキーヤーはすでに姥沢でしょうか。
途中まではトレースが利用できたが、博物園には誰も行く人がいないので、ラッセル。
気温高めで雪が重く、しばらく運動不足だった病み上がりには、なかなかきつい。
f0118332_13144981.jpg

f0118332_11102716.jpg

やれやれ、体がなまってるのに、雪が重いので、博物園が遠く感じる。
志津からずっと小鳥たちが見られるので、眺めながら休憩できてちょうどよい。
f0118332_132542100.jpg

ツルウメモドキが色を添える。
f0118332_13183321.jpg

小さくゴジュウカラが写っています。
f0118332_13202442.jpg

f0118332_13205930.jpg

沢にマシュマロ群島が見られる時期は案外短い。いずれすべて雪に覆われてしまう。
f0118332_1322549.jpg

スタート時間が遅いのに、歩みも遅いので、森に入る前に雪ダルマこしぇ。しけった雪は重くて歩くには大変だが、雪だるま作るには最適。あっという間に大きいのが作れる。(気温が低いと雪がくっつかず、けっこう苦労するのです)本日の目鼻はルックチョコレートずんだ味でした。(撮影後食べて回収)
スタートが11時過ぎで、体力落ちてて歩くの遅いのに、小鳥にひっかかりまくって、すでに1時。森に上がるのはやめとこうかとも思ったが、この近くでカップ麺食べたら少し元気になり、食後に急斜面を無理やりよじ登って原生林へ。
f0118332_13264280.jpg

f0118332_1327223.jpg

f0118332_13302164.jpg
f0118332_133119.jpg

雪が降ったり止んだり、時折雲が切れて青空がのぞいたりと、めまぐるく変わるので、フードをかぶったり脱いだり、カメラをしまったり出したり、油断していると木から雪爆弾くらったり。
さっと日が注すと、木々の影が雪の上に縞模様を描くが、撮ろうとするとすぐに翳って消えてしまう。
f0118332_13325710.jpg

水墨画の世界につかのまの青。急に風が強まると木々の枝から雪がばさばさと落ちてくる。
f0118332_13344542.jpg

なにやら視線を感じてふりかえると、もののけが・・・
ザックをおろし、コンビニで買った甘栗餡のクリーム大福で三時のおやつ。
f0118332_13362386.jpg

遠目にクマ棚かと思って確認しに行ったら、ただの枝折れがひっかかったものだった。
日がさして青空が出るたびに、きれいだなーと立ち尽くしてしばらく呆けてしまい、二、三時間の散策のつもりがいつの間にか5時間。誰にも会わず、のんびり静かでいい時間だった。
f0118332_13395652.jpg

尻皮タヌキの爪がとれてしまった・・・

だいぶ体力も筋力も落ちているので、来週5日間踏査系の仕事するのがちょっと不安だが、ゆっくり歩けばなんとかなるか。ウサオと一週間近く会えないのがつらいな。
by akanezumi1984 | 2013-12-01 00:12 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984