庄内右往左往

7日朝、整備工場があくのを待って車を持ち込んだら、やはりブレーキパッドを交換しないだめ。
酒田から部品取り寄せて昼くらいまでにできるというこうで、代車も貸してもらえた。
ひとまず道の駅で産直ぶらぶら。
f0118332_1321512.jpg

見たことのない野菜が手ごろな量で100円なので買ってみた。「しかく豆」と「甘とう美人」
f0118332_11515569.jpg

そして鳥海山帰りに間に合わず、勝手に物だけ置いてきた八幡のいなかフェへ。
いなかフェさんでは、家庭で眠っている食器や衣類、小物、本などを持ち寄ってもらったのを店内でフリマにしたり、岩手県の山田町に被災地支援でニーズに合うものがあれが送ったりしています。
今回うちにあった未使用のバッグや食器を少し持って行きました。きれいにしてあれば中古でも大丈夫です。
f0118332_11563139.jpg

看板犬のコロナが、犬好きの人が行くと大歓迎してくれますが、ひとしきり歓迎すると持ち場に戻り、おとなしくなります。
f0118332_11571599.jpg

もったりモードになってからの方が撮りやすい。
f0118332_11582754.jpg

米粉ピザのバジル味にしてみました。シャキシャキのレンコンが載っておいしいです。
f0118332_11592051.jpg

リンゴのケーキをデザートに。リンゴがしゃき、生地がしっとりもっちり。添えてあるのはホイップクリームではなく、米粉を使ったミルククリームだそうで、さわやかな甘さでした。
f0118332_1212473.jpg

ドリンクバーでおかわりしながらのんびり。FBでいなかフェにチェックインすると割引になるのでFBにつないでいたら、遊佐でクラフト展開催中でボラ仲間の陶芸家が出展しているのがわかり、修理できた車を取りに行きがたらクラフト展に寄り道。しろくまカップは持っているので、つきのわぐまカップ購入。
他にも見たい店があるのだが、いなかフェでのんびりし過ぎたので時間がなかったー。
f0118332_1374252.jpg
f0118332_1375346.jpg

でも、さんざん迷ってこんなの購入(笑)
夕方まで時間ありすぎるかなと思ったら、途中のんびりし過ぎて、最後はばたばた。慌てて鶴岡のほとりあに向かう。
この日は「いのち学パート2」で午前中は外来植物の駆除作業。18時から外来生物のウシガエルとアメリカザリガニを食べる企画があり、おいらは夜の部だけ参加。
自分の意志で日本に来たわけではないのに、もともとの自然のバランスを壊すからと駆除されることになったウシガエルとアメリカザリガニを、ただ捕まえて処分するのではなく、食べることによって命に感謝してみてはどうかという企画。
今回はなんと、一流のフレンチシェフの調理でおいしくいただくことができました。
f0118332_13133661.jpg

食べる前に、少しお勉強をします。子供たちはかぶりつき(笑)お母さんたちは腰がひけてます。
ウシガエルはフランスや中国ではよく食べられていて、レストランのメニューに普通にあります。日本にも食用として移入されましたが、日本人にはあまり受け入れられず・・・
アメリカザリガニはウシガエルの餌として移入されたそうな。
f0118332_13172292.jpg

この日はザリガニとアボカドのサラダ。ウシガエルのスープ。ウシガエルのソテーが供されました。
f0118332_13182361.jpg

ザリガニはエビのようなもの。ウシガエルは柔らかい鶏肉。ひな鳥肉のようなものでとてもおいしいのです。
しかし、問題は可食部が少ないこと。大きなウシガエルはまだしも、ザリガニは一匹からとれる身があまりにも少ないので、調理して食べるのは大変です。よほど大量に獲れても、全部むき身にしてから調理となると時間がかかり過ぎるので、塩ゆでしててんこ盛りにしたのを各自むいて食べるとかでないと実用的でないかな。
f0118332_13223283.jpg

材料はそこらじゅう採り放題にいますので、興味のある方は試してみても悪かないでしょう。
※シェフからのアドバイス・・・アメリカザリガニの尾の真ん中の突起をねじってひっぱると背ワタがきれいに抜けます。
by akanezumi1984 | 2013-09-08 12:07 | その他 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー