一泊でブナの森から山頂へ・後編

曇りで星は見えなかったが、満ちたりて就寝。
ご来光を期待して21日は朝4時に起きて、外へ。
f0118332_22512015.jpg

既に雲海と高い雲の間が赤く染まっていた。
f0118332_2252795.jpg
f0118332_22525464.jpg
f0118332_22532522.jpg

一瞬だが影月山が見られた。みな日の出の方向にばかり気をとられがちだが、反対側も注意しないとね。
f0118332_2255548.jpg

鳥海山もほんのり赤く染まる。
空気が澄んでいて、昨日は見えなかった山々が全部見えた。飯豊、磐梯山、吾妻、朝日、蔵王、栗駒、岩手山?男鹿半島、飛島、粟島、佐渡。
f0118332_22574341.jpg

5時、一番乗りで神社に参拝。
f0118332_22583238.jpg

さぁ、おいしい朝ごはんが待っているぞ。
f0118332_22591537.jpg

おいしい焼き鮭、ゼンマイの煮物、温泉卵、月山タケノコの味噌汁!これが濃厚にタケノコの出汁が出ていて絶品。
テーブルごとにみなでつつく大皿にはコゴミの胡麻和えとヒラタケの煮物。これがまたおいしい。
f0118332_232681.jpg
f0118332_2325723.jpg

荷物を置いて空身で胎内岩に散歩。初めてのみなさんには胎内くぐりをして生まれ変わっていただいた。
f0118332_2353574.jpg

そしてお約束のちびうさ作り。
f0118332_2361883.jpg
f0118332_2364161.jpg

撮影でひとしきり盛り上がる。
f0118332_2374518.jpg
f0118332_238215.jpg

うさたちも仲間がいて楽しそうです。
f0118332_2391961.jpg
f0118332_239548.jpg

装束場を下ります。浄身沢の水が湧く場所はまだ雪の下ですが、沢は出ているので水は飲めます。
f0118332_2311685.jpg

少しくたびれているけれど、まだキヌガサソウ咲いています。
f0118332_2312658.jpg

シラネアオイもまだ少しだけ咲いていました。
f0118332_231259100.jpg
f0118332_2313213.jpg

かなり夏道が出ましたが、まだまだ雪渓もがんばっております。
f0118332_2314643.jpg

春木戸まで来たら、博物園は近い。冷たい湧水飲んで休憩したら、あと一歩き。
ぽつりぽつり雨が落ちてきたけれど、雨具を着ずに済みました。

ちょっとのんびり満喫しすぎて蕎麦を食べる時間がなくなってしまったけれど、温泉で汗を流し、各自お土産買って無事新幹線に間に合い、よかった、よかった。
f0118332_23165362.jpg

西川で凶暴なサルが指名手配されていた(笑)
Commented by TUKIMI at 2013-07-23 22:00 x
こんにちは。ザックもスパッツも白いTUKIMIです。でも心は真っ黒なんで滝行しておみそぎしてます。7,8,9月は月山に月参りしています。8月は湧気行という団体での参拝ですが。見かけたら声かけて下さい。
Commented by akanezumi1984 at 2013-07-23 22:43
TUKIMIさん、心は真っ黒だなんて、そんなことありませんて。
年齢を聞いた一行で「ええー、10歳若く見える!」で意見が一致しましたよ。けがれない心だから若く見えるのでしょう。
Commented by くま at 2013-07-24 14:22 x
こんにちはー。今菓子パン片手に久しぶりにのぞいたらいつの間にかアキ隊が登頂していて、うらやましいこと限りなし。頂上小屋の食事写真を前に、菓子パンがさらにむなしくなりました。。
Commented by akanezumi1984 at 2013-07-24 18:06
くまさん、秋にでもまたどうですか?小屋の営業は短いので、9月23日くらいまでしかチャンスはありませんが。
Commented by morino1200tb at 2013-07-24 21:59
本道寺コースを下りながら心配していましたが良い景色が見られましたね。
美味しい料理にチビウサ作り、花もタップリ・・・。
皆さん満足されたのでは?
ボラもご苦労様です。
Commented by akanezumi1984 at 2013-07-24 22:48
morinoさん、遠くから月山を心行くまでのんびり楽しみたいとやってくる客人を案内するときは、不思議と天気に恵まれます。
by akanezumi1984 | 2013-07-22 23:17 | おらいの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31