久々の行き当たりばっ旅終了

久しぶりになりゆきまかせ、その場判断でのふらふら旅の週末だった。
あ、その前に
f0118332_2130137.jpg

金曜は芸工大で朝、その日が山形滞在最終日の若い友人と会い、その日が最終日だった関野さんの「海のグレートジャーニー展」を見た。
そして土曜朝になってから猪苗代で午後開催されるマタギサミットに出かけることに決め、どうなっても大丈夫なように寝袋持って出発。
f0118332_21373723.jpg
f0118332_2137512.jpg
f0118332_21384271.jpg

10時半に出て下道で行っても2時に着き、サミットは入場2時半で開始が3時半。暇なので猪苗代湖を眺めながら風に吹かれ、ちょっと昼寝でもしようか・・・と、木陰の石ベンチの一つに腰掛けていたら、近くにいた女性に「大丈夫ですか?」と声をかけられた。へっ???
「ヘビいますけど、大丈夫ですか?」と教えてくれたのだった。きょろきょろ探すといたいた。おいらが動いたので、あわてて木の隙間にむりむりもぐりこんで行った。狭かったようで、全身隠れるまでだいぶ時間がかかっていたので、つい尻尾をくいっと軽くひっぱっていじめてしまった。
なかなかヘビを触る機会ないしね・・・ヘビは迷惑しただろうけど。
f0118332_21525010.jpg

開場すぐに部屋に入ったら、一般参加の人はまだほとんどいず、片隅でなにやら肉を切り刻む人たちが・・・
すかさず聞きに行くと、予想通りクマ肉でした。切り刻んで機械にかけて、放射線を測定するそうで。
f0118332_21541531.jpg

これが測定機械。線量が高いと30分くらいで反応が出るけれど、低いと1時間半くらいかかるということで、サミットが終わるまでには確定する。→秋田阿仁産のこのクマ肉は、全く問題なしの結果が出た。
f0118332_2157657.jpg

開場前の通路では、スタッフTシャツや書籍のほかにクマ鈴、クマ避けスプレーなどの販売物がいろいろ並べられていたが、これはネーミングがちょっとツボだった。
誰か知り合い来るかなときょろきょろしてみたが、見つからなかったなぁ。
もともと高齢化が進み、狩猟離れが進んでいたところに、震災後はせっかく獲っても肉を商売やイベントに使えなかったり、自分で食べることもできなくなり、ますますハンター人口が減少。
しかし、福島の居住禁止地区では風雨による家屋の劣化だけでなく、獣による家屋被害が相当ひどいことを知った。狩猟圧がなくなり、また警戒するべき人間の姿もないので、住宅地にイノシシやハクビシンが跋扈しているとのこと。特にハクビシンは家屋内部に侵入して天井裏に糞尿をためこむので、ひどいことになるそうだ。悪臭や天井板が腐るとかの問題だけでなく、いろいろな病原菌をまきちらすことにもなっている。
イノシシは一時帰宅者や除染関係者の車両との交通事故が多発しているそうだ。
福島の方たちは、放射線だけでなく、なんとたくさんの要因と戦わないといけないのだろうか・・・
しかし、福島の問題だけではなく、狩猟圧がなくなってどんどん増えつつある獣たちは、増えすぎれば隣接する山形や新潟、宮城にも広がることも予想される。
都市部に住む人たちには、別にクマやイノシシ、ヤマドリが食べられなくてもなんの問題もなかろうが、山間部の旅館や民宿では、重要な観光資源。山菜や川魚もそうだが、100調べて1個でも数値が規制値を越えれば出荷したり、食事に出したりできなくなってしまうということ。
報告者の方たちは話し方がうまく、ユーモアを交えてテンポよく講演され、くすっと笑いながらあっと言う間に二時間のサミットが終わったが、話はおもしろいが、知った現実は重いな・・・
f0118332_22201498.jpg

サミット会場の温泉に入れていただき、ファミレスで夕食済ませて裏磐梯に移動し、道の駅で久しぶりの車中泊。
f0118332_22213990.jpg
f0118332_2222550.jpg

あいかわらずのどんより空だが、雨でないだけいいでしょう。早朝、誰もいないトレールを往復で3kmくらい散歩。
f0118332_22231949.jpg
f0118332_22241790.jpg

おやつ発見!
f0118332_22245328.jpg

マイマイガ系。
f0118332_22252170.jpg

なかなかサイケな幼虫。
f0118332_2226965.jpg

道にモリアオガエルの卵塊が三つ落ちていて、一つは既にオタマになっていた。まだ生きていたので、葉っぱにすくって沼に放り込んだ。直前まで雪があったとも思えないが、なぜこんな位置に?
f0118332_22302621.jpg
f0118332_2230505.jpg

駐車場に戻ったら、もふもふのホオジロが走り回っていた。
f0118332_22321522.jpg

朝ごはん食べに行ったパンやさんの近くはじゅんさい沼。おじいさんとおばあさんがそれぞれ小さな沼で採集していた。
f0118332_22342362.jpg

五色沼にもちらっと寄ってみたが、あまりの観光地っぷり過ぎに辟易してすぐ退散。売店で「山形の玉こんにゃく」の看板が・・・
f0118332_2240560.jpg

郡山で、二年ぶりに会う友人セレクトのマクロビの店でランチしながらおしゃべり。友人は復興住宅の仕事のために、滋賀からいわき市に引っ越してがんばってくれている。なかなかの激務のようだ。
話はつきぬが、お互い家は遠いので、3時半に解散。
友人と別れたら、急にウサオのことが心配になってきた。暑さでばてていないようにと祈りながら運転。
ウサオが元気でほっと安心。
by akanezumi1984 | 2013-06-30 22:46 | お出かけ | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31