6/27の続き・金姥~山頂~姥沢

金姥~柴灯森の花は、端境期でさびしいが、その先にまだシラネアオイがけっこう咲いていた。
f0118332_21492515.jpg
f0118332_21494684.jpg

ヒメイワショウブも咲き始めた。
途中で塩豆大福やパンなどはぱくついて来たのだが、物足りなくて牛首でカップ麺食べ、鍛冶月光がんばる。
f0118332_21504739.jpg

きたきたきたー!鍛冶月光の花盛り。コエゾツガザクラのピンクが華やかです。雑種度の程度により、やや細身でピンクが濃い目のと、ぷっくり横広がりで色が薄いのとあります。
f0118332_21534581.jpg

山頂のあがりっぱなのイワウメも満開になりました。
f0118332_2154334.jpg
f0118332_215593.jpg

クロユリも満開。だいぶ復活しましたなぁ。
f0118332_21554399.jpg

ミヤマシオガモも咲きました。
f0118332_21564329.jpg
f0118332_21572957.jpg

コバイケイソウは当たり年。
f0118332_21582867.jpg

頂上小屋のみなさんにも久しぶりに会えて、やっぱり山頂まで行ってよかったー!
山頂でぱたぱた写真撮ったらすぐ下ろうと思っていたけれど、小屋の方と少しは話もしたいし・・・まだスキー場沢コースは穴あいてないと踏んでしばしお話。でも姥沢からはバスに乗ってみたかったので、ぎりぎりのところで3時40分に山頂を後にした。
夕方雨になる予報だし、急いで姥沢目指そう・・・
f0118332_2233972.jpg

と思いながらも、ガスが晴れたので牛首付近でちびうさ作り。
f0118332_2254825.jpg

あとは花もないし、ひっかかる要素がないのでだかだかと雪渓をトラバースしてリフト上駅近くに出たら、ちょうどリフトが止まるところだった。
そのまま沢コースを走るように下って下駅へ。
f0118332_2282743.jpg

沢コースはだいぶ藪が出てしまい、リフト下駅に続く雪は切れました。スキーはいたままリフトには行けなくなりました。
f0118332_229130.jpg

解体された姥沢小屋は、基礎も撤去が始まっていた。
日が長いから姥沢から大門海コースで博物園に歩いても行けるのだが、一度町営バスにも乗ってみたかったので、トイレに寄り、おにぎりを食べながらバスを待った。
f0118332_2211798.jpg

博物園前まで運転手さんとお話しながら。いつも誰も乗っていないのを見かけていたので、たまには利用しようと思いながら、これまで機会がなかったのだった。乗ってみてよかった。
車や観光バスで来る人がほとんどで、このバスの利用度はかなり低い。でも、公共交通機関で月山に来るお客さんもいて、バスがないと困るという声はあるので、大赤字でも運行してくれているのである。
今回は博物園から歩いてリフトを使わなかったので、バス代500円でリフト片道利用560円より安く上がりました。
by akanezumi1984 | 2013-06-28 22:17 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー