シラネアオイ咲き始めました

雪の多い、少ないがあっても、尾根はあまり影響がないせいか、毎年6月の初めには稜線に花が咲き始めるので、いそいそと見に行く。
f0118332_22422469.jpg

今日も天気がいいぞ!おらいの山は、西側や南側から見るとずいぶん雪がなくなったけれど、東側はまだまだ真っ白さ。
f0118332_22454331.jpg

リフトまでの道もまだほとんど雪です。
f0118332_22461816.jpg

こぶこぶが発達しています。まだスキー天国で、週末はリフトに行列ができるようですが、平日だからすいてます。
そうそう、駐車場で払う協力金が、昨年まで山開き前は一台千円だったのが、500円になっていました。
たいてい一人で行くおいらには、ありがたいことです。
f0118332_22495395.jpg

快晴で朝日連峰が美しい。飯豊もうっすら。
f0118332_22504615.jpg

やはり以東は存在感があるなぁ。今日は双眼鏡忘れなかったので、以東小屋確認できた。
姥周辺は、まだほとんど花はない。ミヤマキンバイとミツバオウレン、ショウジョウバカマがほんの少し。
f0118332_225449.jpg

湯殿の雪もずいぶんなくなった。今年は二回登れたかな。
f0118332_22553141.jpg

駐車場にはけっこう車があるなと思ったけれど、スキー場もさほど人は多くなかった。姥より先はほとんど人がいない。
f0118332_22593377.jpg

金姥からの壁を慎重に下り、金姥分岐に出ると、ここから花が見られるようになる。小さなヒメイチゲは好きな花だ。早い時期にしか見られない。
f0118332_231536.jpg

ミヤマキンバイはそこそこ咲いている。
f0118332_2322548.jpg

ハクサンイチゲは、まだまだこれからな感じ。
f0118332_2331166.jpg

ミネザクラ。
f0118332_234315.jpg

お目当てのシラネアオイは、小さいのが一、二輪かなと思っていたら、意外とたくさん咲いていた。これからぞくぞくと咲きますよ。
f0118332_23242491.jpg

ミツバノバイカオウレン。
f0118332_23255576.jpg

ちょっと大ぶり(ヒメイチゲに比べて)なエゾイチゲ。
金姥分岐から柴灯森にかけては花が多いので、あっちで撮り、こっちで撮りでかがんでばかり。
全部載せているときりがないな。先に進みましょう。
f0118332_23294667.jpg

雪の上で動けなくなっていたクマバチを雪のないところに置いてあげようとしたら、大きな白い羽が!
どう見てもハクチョウの羽。しかも10枚以上散らばっている。
ワシに襲われたのだろうか?それとも急な天候悪化で降りていたところをキツネにでも食われたか?
f0118332_23331495.jpg

花だけでなく、ビンズイやカヤクグリにひっかかりまくって、ようやく山頂へ。
姥から見たときより、鳥海山が雲から出てくれた。
f0118332_23345030.jpg
f0118332_23352433.jpg
f0118332_23354892.jpg

この畳はどこから???
f0118332_2336398.jpg
f0118332_23371664.jpg

神社にお参りしてから三角点へ行き、鳥海山バックにちびうさ。
f0118332_23373615.jpg
f0118332_2338365.jpg

そろそろ下ろうとしたら、ハギマシコが三羽飛んで来た。今頃いるというのは繁殖しないのかな?
f0118332_23411916.jpg

名残惜しくて、下る途中でまたちびうさ。
この春は頚椎の椎間板ヘルニアのため、尻滑り自粛中につき、最高にいい雪質なのに残念ながらひたすら歩きです。それでも下りは靴底で歩き滑りみたいな感じですいすい進むので、気持ちがよい。
あっという間に姥沢に到着。
この後、博物園に寄り道してブナ林でほっこりしてから帰宅。
ブナ林の写真は明日アップします。
by akanezumi1984 | 2013-06-04 23:04 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984