5/7-5/10の現場

気温5度から28度まで、寒暖差の激しい数日でした。初日はひたすら寒く、最終日は一日のうちにさむっ!から、あっつー!まで。
f0118332_14464051.jpg

夕日のような色合いですが、朝日です。集合が午前5時だったので、山からあがる太陽がちょうど見えるのでした。
f0118332_14485585.jpg

早朝に鳥のラインセンサスをした後、水路やため池などを丹念に巡ってカエルやサンショウウオの卵塊を探す仕事だったのですが、このため池はちょうど渡ってきたムシクイたちでにぎわっていてパラダイス状態。
オシドリカップルもおりました。ムシクイたちは小さくて動きが速過ぎて撮れません。
f0118332_14564132.jpg

地面で餌探しのアカハラ。
f0118332_14593258.jpg
f0118332_1502242.jpg

オオルリ、キビタキもまだ渡り途中のものは低いところにいます。キビタキまんまるっ!
f0118332_152249.jpg

冬鳥のカシラダカもまだたくさんいて、天気のよい日はにぎやかにさえずっていました。
f0118332_1534980.jpg

トイレなんかないので、調査中催したら杉林に潜入するのですが、ノスリにピーピー騒がれてしまいました。
近くに巣があると大騒ぎされるが、緊急事態なので「ごめん、ごめん、すぐ立ち去るからちょっとだけ我慢して」と謝って進入。
f0118332_158935.jpg

こちらの存在に全く気づいてないタヌキをしばらく観察。まだ冬毛でころっとしている。
f0118332_1591956.jpg
f0118332_1594585.jpg
f0118332_15102182.jpg

木曜、金曜は五月晴れで、山々がとても美しかった。木曜の朝、月山では標高700mの志津でも積雪したようで、800mの博物園では10cm以上積もり、スキー場はリフトの椅子が埋まるほどだったそうな。
f0118332_15145263.jpg
f0118332_15153014.jpg

暖かくなって、カエルやヘビがお出まし。
なかなか見つからなかったサンショウウオの卵も三日目にしてやっと見つかり、四日目に見つけたエリアはもうだいぶ時間がたって発生が進んでいた。
初日にまわった北部はまだ田んぼ脇に雪があって、ちょっと早すぎたのだろう。
たいした距離ではないが、地形や植生などの違いもあって、タイミングがかなりずれる。
f0118332_15191390.jpg

キクザキイチゲも、雪の残る杉林のはまだきれいだが、河川敷のはもう花びらがいたんでいた。
もう終わりなんだなーと思ったら、すぐ隣の群落だけまだ咲き始め?
f0118332_1520529.jpg

と思ったら、そこだけニリンソウだった。
f0118332_1611441.jpg

鳥のラインセンサス終わって、サンショウウオ踏査は忍び足の必要がなく、普通にがさがさ歩いていたのに、すぐ近くにいたアオジが逃げなかったので、しゃがんで静かにしたら3mまで寄ってきた。なんで気づかないんだか(笑)
タヌキは、たまたま動画モードにしたら、すりすりっとおもしろい行動をしてくれました。

社員さんに見てもらったら、かゆいのかなと言われたけれど、ここは後足でがりがりかけるところなので、匂いつけをしたかったのではないのか?と思ったりする。
実際どうなんたか、タヌキに聞かないとわかりませんが。
by akanezumi1984 | 2013-05-11 15:21 | 仕事 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31