山頂神社になんとかお参り

今週は現場がなぜか水曜から。火曜は移動だし、月曜は天気悪そうと思っていたら、直前になって予報は晴れに転じた。これは行かねばなるまい。ここを逃すと怒涛の現場続きなのだ。
f0118332_23251329.jpg
f0118332_23255098.jpg

日曜はずっと晴れていたはずなのに、木々に雪が。しかも幹の同じ面だけ白くなっていて、昨夜は猛吹雪だったようです。
道路脇にスノーシュー置いたら、すぷりと刺さり、柔らかい新雪が30cmくらい積もってる感じ。
今日がスキー場開きで、リフトの運行が始まりました。リフト乗り場のアナウンスでここ4日連続で降雪があったと言っていた。
f0118332_23314380.jpg

土曜は歩いて登ったところをリフトで楽々。ブナに着いた霧氷がきれいだった。
f0118332_23325626.jpg

風が強めなので、姥を巻いて金姥分岐に出た。
f0118332_23334943.jpg
f0118332_23341346.jpg
f0118332_23345482.jpg
f0118332_23351393.jpg

もふもふの新雪。風当りの強いところはガリガリ。予想最高気温は高めだが、風が冷たくて汗をかかない。
雲の塊から鳥海山が頭の先だけのぞかせていた。
f0118332_23382267.jpg

鍛冶月光まで登ったあたりで、熊皮つけた人を発見・・・あれれ知り合いでした。
f0118332_2340156.jpg

せっかくだからモデルになっていただきましょう。
f0118332_2343749.jpg

昼になっても気温上がらず、ガリガリの角がとれず、きれいです。
f0118332_23442231.jpg
f0118332_2344442.jpg

芭蕉の句碑にもエビのしっぽが長く伸び、風の強さを物語る。山頂台地に出ると爆風地帯。
体を斜めにして進む。
f0118332_23501844.jpg

途中、雲の中から頭の先しか見えていなかった鳥海山が見えてきた!(しかし一瞬だった)
f0118332_23514024.jpg

頂上小屋はガリガリに覆われている。
f0118332_23521498.jpg

頂上小屋の北側。
f0118332_23525027.jpg

さらに風が強まり、耐風姿勢でなんとか神社にたどり着いた。あまりの暴風に帽子も手袋もつけたまま失礼してお参り。もう少し進んで鳥海山の写真をと思ったら、もう雲の中だった。
f0118332_23555161.jpg

しゃれにならん風の強さなので、とっとと下るしかない。山頂台地からほんの少し下るだけで風はぐっと弱くなり、眼下に知人グループが昼食休憩しているのが見えたので、そこに混ざることに。
f0118332_2358562.jpg

食後、もふもふの新雪斜面をうひょーっとさんざん駆け下ってから、はっ、うさ作ってなかった!と気づいてやおら作る人(笑)
f0118332_23595279.jpg
f0118332_00995.jpg

行きで姥を巻いたので、帰りに登ろうかとも思ったが、雲が湧いてきたのでそのままリフト方向へ。
たぶん今夜も雪が降るのだろうな。そして、シュプールや足跡だらけになった斜面がまたきれいになるだろう。
f0118332_023569.jpg
f0118332_025539.jpg
f0118332_031528.jpg
f0118332_032926.jpg

国道脇にフクジュソウを見つけて見に行ったら、ほかにもいろいろ咲いていた。
帰宅してニュースを見たら、山形、鶴岡、酒田でも桜の開花が確認されたとのこと。
でも、山ではまだ雪が降っている。
Commented by morino1200tb at 2013-04-16 20:50
やっぱり月山は雄大ですね。
向かい側から見てその感を強くしました。
リフトも動いたことだし(^^;)、そのうち行かなくては。
Commented by akanezumi1984 at 2013-04-17 20:22
morinoさん、今週は仕事が水曜始まりでラッキーでした。真っ白な新雪と青空で!
駐車場もうしばらくは無料だと思いますが、いつまでか聞くの忘れました。
by akanezumi1984 | 2013-04-16 00:06 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30