姥ヶ岳まで

7日は晴れ予報だったのに、黄砂のせいか空の色も景色もぼんやりしていたが、今日は朝からすっきりと晴れてくれました。
せっかくのお天気に朝っぱらから大王様から怒涛のメール攻撃があって、少し出遅れたけれど、午後も安定しているのがわかっていたので焦ることもなし。志津の駐車場には、やはりあの方と神様仏様たちの車が(笑)
f0118332_22201740.jpg

道路標識もこんなになりました。いや、もともとこういうものなんですが・・・
この先も壁がすっかり高くなってしまったので、この写真奥から上陸し、とりあえず博物園へ。
f0118332_22233316.jpg

屋根の雪が落ちてもつながらないよう、建物の周りの雪を掘ってあったけれど、一部つながってしまっているなぁ。これくらいなら屋根壊れない?
f0118332_22264731.jpg
f0118332_2227236.jpg

ゴジュウカラを撮ったけれど、背中ばかりで顔が写っていなかった。ちびツァイスが現在手元になく(たぶんドイツまで修理に行くことになる?)サブで手ごろな双眼鏡の購入も考えねば。
f0118332_2230990.jpg

晴れた日は、影の美しさに目が行きます。
f0118332_22303034.jpg

ウサギの齧り跡が、雪面から高い位置に。それだけ雪が沈んだんですなぁ。
f0118332_22321952.jpg
f0118332_22325156.jpg
f0118332_22331363.jpg

体力の衰えを感じながら、少し登ってはぜいぜい立ち休み。振り返るとこの絶景で思わず「なんだこりゃ!」と口走るほどに山々が美しい。
だんだんと湯殿より高くなっていくのを励みに登る。
f0118332_22375989.jpg

眼下に姥沢。今日は大門海付近から直接姥何面に直接向かったので、行きは姥沢通らない。
f0118332_22394864.jpg

さて、湯殿が眼下に見えるようになったけれど・・・まだ姥山頂ではありません。ふーっ、がんばれ。
f0118332_22412816.jpg
f0118332_22422389.jpg

やっと着いた!強風地帯のため、雪が吹っ飛ばされて木道が出ています。
f0118332_22442410.jpg
f0118332_2244591.jpg

鳥海山がくっきりと見え、テンション上がります!んがっ、風が強くてなかなか写真が・・・
f0118332_22464224.jpg
f0118332_22472813.jpg
f0118332_2248123.jpg

朝日、飯豊、蔵王、磐梯山、吾妻、鳥海山、全部見えました。
黄砂のあとにまた真っ白な新雪が少し積もり、山々がまたきれいになって嬉しや。
f0118332_22591593.jpg

上は風が強すぎるし、がりがりなので、姥沢まで下ってからちびうさ。
f0118332_230923.jpg
f0118332_230393.jpg

周海沼で3時のお茶タイム。ホームベーカリーで焼いたパンがうまい。(クルミとドライフルーツ入り)
f0118332_2310546.jpg
[#IMAGE|f0118332_23112365.jpg|201303/12/32/|mid|580|435#]

除雪がだいぶ進んでいるようです。豪快に雪を吹っ飛ばしているのが見えました。
駐車場に戻ったら、福島ナンバーの車とおいらの車しか残っていなかった。
いつも「どごさいんのや?」と電話をくれる神様、仏様チーム、今日はおいらは仕事だと思ったかな。
たまたま仕事ずれたんで、来てましたよ。しめしめ。
こんなに天気のよい日に山に来れて、幸せ者です。
Commented by morino1200tb at 2013-03-13 00:03
うーん、幸せ者!羨ましい。
Commented by akanezumi1984 at 2013-03-13 01:18
morinoさん、仕事の日程ずれてラッキーでした。
Commented by taro at 2013-03-13 22:21 x
自分はそのころ湯殿の南大斜面にいってましたが、もう全てが最高でした!地元に住んでても、あれはめったに味わえませんね。
Commented by akanezumi1984 at 2013-03-13 23:49
taroさん、双眼鏡なくてだれかわからないけど、湯殿と姥にスキーヤー見かけ、喜びの叫びが聞こえましたよ。
by akanezumi1984 | 2013-03-12 23:15 | おらいの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984