まさに錦秋!朝日縦走二泊三日

三連休は混みそうなので、どこに行こうか思案していたが、「送迎してくれる人がいるから、車の心配しないで朝日縦走できますよ。いっしょに行きませんか?」とありがたいお誘いが。
混むとはいっても、小屋や駐車場のキャパが小さいだけで、歩き出せば静かで快適な山歩きなのだ。
f0118332_2156279.jpg

キバナアキギリ
f0118332_22265730.jpg

大鳥小屋の管理人さんに久しぶりにお会いできると思っていたら、事情があって朝日屋さんが代行していた。
f0118332_21544857.jpg

当初は以東小屋と大朝日小屋泊の計画だったが、連休で混むことを考えて狐穴まで歩くことにし、直登コースを登った。
f0118332_22281914.jpg

愛しの以東小屋が見えてきた!小屋に寄って、この連休の管理人さんに挨拶。本当は泊まりたいところだが、また来夏までさらばじゃ。
f0118332_22291093.jpg

振り返って見る小さな以東小屋に後ろ髪ひかれる。
f0118332_22155581.jpg

ミヤマクルマバナ
f0118332_22162583.jpg

タカネマツムシソウ
f0118332_22171691.jpg

イワインチン
f0118332_22181658.jpg

足元にぽつりぽつりと花を見つけては喜び、少し登るたびに鮮やかな紅葉が現れて歓声があがる。
f0118332_22461270.jpg
f0118332_2246292.jpg

4時頃に狐穴小屋に到着。ここはそう混まないだろうと思っていたら、甘かった。
とはいえ、夕食のスペースがちょっと窮屈だっただけで、寝場所は十分(人によっては寝返りできなかったようだが)久しぶりに管理人さんともお話できて楽しい夜だった。
夜半から明け方にかけ雨が降っていたが、起きる頃には上がってくれた。日の出は見られなかったが、雨が降らないだけでありがたい。朝ご飯をがっちり食べ、とりあえず竜門へ。
f0118332_22303998.jpg

竜門小屋の管理人さんに会うのは何年ぶりだったろう?おととしも去年も秋に泊まったし、狐に泊まるときに休憩にも寄ったのだが、平日で会えなかったのだった。
f0118332_22415576.jpg

コーヒーやココアを飲みながら、管理人さんのチョモランマ登頂やK2に挑戦したときのお話など聞いてゆっくりさせていただいた。
f0118332_22355816.jpg
f0118332_22365843.jpg

さて、混むから鳥原小屋に泊まろうかと思い迷ったりもしていたが、こうなりゃ大朝日小屋でも管理人さんと語り合わねばなんねべなー。
f0118332_22314435.jpg
f0118332_22533213.jpg

大朝日小屋は予想通りの賑わいでしたが、早い時間についたので、まずまずの快適さ。以東管理初日にたまたま泊まりに来てくれていた管理人さんの甥っ子さんと再会。荷揚げの息子さんにも会えた。毎週の荷揚げ、大変ですなぁ。
午後は晴れて山頂でゆっくりと景色を堪能できたのだが、日没時は残念ながらガス。
各自持って来すぎの食材をこれもこれもと出して、ゆっくりと夕食タイム。
f0118332_2312690.jpg

morinoさん、taka-oさんはおいしいソーセージ。(morinoさんのソーセージはぶれてたー)
f0118332_2325533.jpg
f0118332_2332323.jpg

おいらは油揚げとオクラのツナ和え。
f0118332_2342765.jpg

umeちゃんの干し芋、marronさんのラーメンやら。狐で食べた肉豆腐もおいしかったなー。
あ、Kさん、ブナカノカありがとうございました。いい味出ました。
まー、なにしろみんな、荷物はなるべく減らしたいと思いつつ、結局は食べるもの、飲み物は持ちすぎってくらい、持ってくる。みんな、絶対もう一泊余裕でできる。
いつの間にかガスがまた晴れていて、満天の星空になっていた。
こりゃこりゃと外を見に薄着のまま出たら、冷たい風が吹いてものすごく寒かったのだが、寝ている人が多いから防寒着出しにくいなぁと我慢していたら、管理人さんの息子さんがどかジャン貸してくださった!
よーし、流れ星見るまでがんばるぞ!と思ったが、耳が冷たくてがんばりきれなかった・・・ああ、こんじょなすだ。
体が冷えてしまってなかなか寝付けず、やっと寝たなぁと思ったら、もう早起きの方たちの物音で起床。
外は晴れているようだから、山頂までご来光見に行かねば。
f0118332_2314755.jpg
f0118332_23144790.jpg

おらいの山と鳥海山。いつ見てもほれぼれする。
f0118332_23154839.jpg
f0118332_23161414.jpg
f0118332_23172285.jpg
f0118332_23175944.jpg
f0118332_23182571.jpg

f0118332_22345633.jpg

影朝日
f0118332_22362737.jpg
f0118332_22365262.jpg

f0118332_23242242.jpg

名残惜しいが、先に進みますか・・・でも、あまりにきれいだから、ゆっくりのんびりとね。
f0118332_22392430.jpg
f0118332_22394663.jpg
f0118332_23284077.jpg
f0118332_2329953.jpg

小朝日越えて
f0118332_23301773.jpg
f0118332_23303820.jpg

小朝日でまったり、古寺山でまったりして、青空と紅葉の山を満喫。あとは膝をだましだまし樹林帯の急斜面。このルートは日帰りピストンの人も多く、連休さ最終日だが泊まり装備の人もあり、お互い道を譲りながら下って、下って・・・沢音に混じり、発電機の音がしてきたら、もうすぐおしまい。
f0118332_22402279.jpg
あーあ、着いてしまいました。
健脚で楽しい仲間といっしょに歩けて、すばらしい山行でした。
morinoさん、marronさん、taku-oさん、umeちゃん、そして車で送ってくださったumeちゃんのお父さん、お母さん、ありがとうございました。
Commented by みいら at 2012-10-09 09:20 x
嗚呼、いいなあ・・・。
Commented by シャチ丸 at 2012-10-09 18:37 x
3日目の快晴がとても羨ましかったです!
来年は絶対縦走するよ!とメンバーと堅く
約束しながらの下山でした。

それにしても以東岳最高でした!
今回も色々とありがとうございました。
Commented by きく at 2012-10-09 21:44 x
ああ、いいですなあ。
何年か前はこれを見に行ってたんだなあ。
色づきはまあまあですね。

はあはあ。
Commented by akanezumi1984 at 2012-10-09 22:03
みいらさん、目の毒?
シャチ丸さん、縦走は車を回すのが課題。日暮沢から竜門~大朝日周回はとか南又沢からの障子~天狗周回てのもやってみてはいかが?
きくさん、下山して近くから見た月山が真っ赤で、あああああー!でした。
Commented by morino1200tb at 2012-10-09 22:21
お世話様でした。
おかげさまで最高の3日間でした。
次は花の時期に行きましょか。(^^)
Commented by maronn at 2012-10-11 17:19 x
朝からビックリ!した偶然の再会・・かと思ったらサプライズでした(@_@)久しぶりにご一緒でき嬉しかったです。
歩を進めるごとに、見事な紅葉に心も高揚し、本当に素晴らしい縦走ができました。楽しいお話と食事・・ありがとうございました。
私、鼻が悪く夜隣でうるさかったのでは・・・
Commented by akanezumi1984 at 2012-10-11 17:37
morinoさん、maronnさん、仲間に入れていただき、ありがとうございました。おかげでとても楽しかったです。
今月は珍しく平日休みがほとんどなく、混んでる山小屋に一人だったら行く気力が出なくて、このお誘いがなかったら日帰り山行か、山を諦めて飛島に行っていたかもしれません。
荷物の軽量化、maronnさんを見習わなければ。必要なものはちゃんと出てくるのに、なんであんなにコンパクト?と不思議でした(笑)
Commented by taku-o at 2012-10-12 10:25 x
いろいろなお話しを聞くことができて、楽しかったです。
ありがとうございました。
秋の朝日をこれ以上ないくらい堪能しました。

大井沢から眺めた月山があまりにも赤くて、
こちらも燃え(萌え?)ますね。
Commented by UMEちゃん at 2012-10-12 12:20 x
とても楽しかったです!ありがとうございました。あんなに晴れた御来光は初めてで遠くに見えた月山と鳥海山が印象に残ってます。オクラのサラダも美味しかったな~。今度は冬山の遊び方を教えて下さいね。
Commented by akanezumi1984 at 2012-10-12 22:48
taku-oさんのパンおいしかったです。あんなに朝日の稜線の紅葉を堪能したのに、大井沢から見た月山の赤さに絶句。
明日行きたい!と思ってしまいましたねー(笑)

UMEちゃん、月山しか知らないですが、超豪雪のブナ林をぜひお見せしたいです。スノーシューで遊びましょう!
by akanezumi1984 | 2012-10-08 21:49 | ほかの山 | Comments(10)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー