行ってみなければわからない

天気もよさそうだし、久しぶりに月山に行きたいなぁと思っていたのに、雨。上は風強そうだし、行ってもガスでなにも見えないなら森歩きに変更したほうがいいか?
などと少し迷って博物園に寄り道してみたが、ガイドのMMに行って来いと背中たたかれ上へ。
f0118332_233977.jpg

博物園あたりはしとしと雨だったが、姥沢はガス。雨よりいいなと、やる気出てきた。姥~金姥は強風で油断すると木道から落とされそう。たまたま居合わせた単独山ガールが心細そうだったので、牛首までエスコート。
そろそろ山ガールスタイルでは寒すぎるね。
「山って、こんなに風強いこと、よくあるんですか?」と。
デイパックはあまりふくらんでなくて、ごはんと飲み物しか入っていないかも?な感じ。
天気予報が晴れでも、雨具は入れといてね。秋山では防寒具も。
柴灯森まで行くと、ガスが切れて青空がのぞいてきて、急にテンションアーップ!
f0118332_2347788.jpg

山ガールさんは、山頂は諦めて牛首から周回で下山することになったけれど、抜けるような青空と、草の波、紅葉が見られて嬉しそうだった。来てよかったね。
f0118332_2349373.jpg

ガスがものすごい速さで流れていく。
f0118332_2349344.jpg

道の真ん中にキアゲハの幼虫が。寒くて動けないのか?踏まれそうなので、つまんで草地に移動させたが、臭い触角も出さず元気がなかった。
f0118332_235121100.jpg
f0118332_23513948.jpg
f0118332_235204.jpg

牛首から上は紅葉がいい感じで進んでいた。
f0118332_23525998.jpg
f0118332_2353168.jpg

山頂の少し手前で、久しぶりに神様、仏様コンビと再会。
f0118332_23543339.jpg

昨日下山して誰もいないはずの頂上小屋の内部から物音が・・・バイオトイレに出入りしている人は、どうやら業者さんたちで小屋にも出入りしている模様。
f0118332_23564213.jpg

来年まで会えないと思っていた小屋のおじさん、おばさん、お兄さんが!トイレの業者さんの都合に合わせて一日下山をずらしたようです。みんな忙しそうなので落ちつかなげなモンブラン。
東風が強いので、大雪城に行って雪だるま作るのは断念したけれど、思いがけず小屋のみなさんに会えて山頂に行ったかいがありました。
f0118332_011274.jpg
f0118332_014130.jpg
f0118332_022321.jpg

f0118332_083680.jpg

山頂についたガスはとれないけれど、少し下るとまた青空。牛首下のベンチのところでしばし青空、流れる雲、草の波を眺めていた。きらきらと光る草の波は好きな景色だ。ずっと眺めていて飽きない。
f0118332_045414.jpg

帰りはいつもリフトを使わないで姥沢小屋へ出る。この道は風もあたらずおだやか。ふわふわのチョウジギクが水場近くにあった。
今日はちびうさ作らなかったけれど、間もなく新雪が降るだろう。
Commented by lc4adv at 2012-09-28 19:18
8月半ば以東小屋に泊まって、メロンや牛丼(morinoさん土産)をご馳走になった親父です。
ようやく紅葉が良い感じになってきましたね。
カエルや虫系、動植物系の写真を楽しみに拝見してます。
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-28 23:11
あー、その節はどうも。
一部の女性は時折ひーっとのけぞっているようですが、カエルとかむちむちのいもむしはかわいいですよね!
動きが速かったり、逃げられたりでなかなか撮れませんが、これからも生き物ネタがんばりますっ。
by akanezumi1984 | 2012-09-28 00:12 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31