おらいの山でお仕事

大好きな月山にバイトで一泊できることになり、やれ嬉しや。
登山ガイドでもなく、鳥の調査でもなく、今回は植物の調査の補助要員でした。
f0118332_2045492.jpg

いつもと違って弥陀ヶ原のほうから出発。途中調査をしながらなので、ゆっくりです。
夕方頂上小屋に着いたら、軽装備すぎる女性(小さなデイパックに半そで、短パン)と、大きいザックの男女の外国人三人も到着。始めは軽装備の女性だけが泊まりたいと中に入ってきて、あれ、別々?と思ったらやっぱり一緒に行動しているらしい。たぶん旅の途中で仲良くなったのだろう。
二人は小屋で食事だけしてテントに泊まりたいと言うが、テント禁止だし。小屋代は払いたくないようだし、湯殿山神社に行きたいようなので、既に4時だったが装束場の小屋を教えた。
三人カップ麺買って、小屋でお湯をもらって装束場に向かったが、パンフレットの簡単すぎる地図しか持ってないし、ガスも持ってない、食料もスナック程度しか持ってない。日本語わからない。
市街地ならいいけど、山では命とりになるぞー。
f0118332_20583478.jpg

外国人たちは下山し、この日の泊まりはわれわれだけだったので、山菜鍋の夕食になりました。これが天然キノコ満載、タケノコもたっぷりで超おいしかった!
f0118332_2101159.jpg

内弁慶のモンブラン。
f0118332_2105751.jpg

目覚めたときは濃霧で油断していたら、いつの間にか晴れて日が昇ってしまっていた。
f0118332_2121394.jpg

影月山。
f0118332_2124782.jpg

鳥海山も見えていたが、この写真ではわからないか。
f0118332_2133391.jpg

朝食後、山頂エリアの調査して11時頃下山開始。もくもくと雲が増えてきて怪しい感じ。
九号目に小屋に着くころにはごろごろと雷がだんだん派手になってきて、やばい感じに。
70歳代の先生も足を早め、駆けるように下ったが、最後の30分はどしゃぶりにつかまった。
まぁでも、調査中は天気に恵まれて、まずまずでした。
Commented by ひしゃく姫 at 2012-09-12 22:03 x
いつ行っても頂上小屋の食事はおいしいですね。お決まりの山小屋の食事とは違って、珍しいきのこや山菜が食べられるのもうれしいし。頂上小屋のオリジナル手ぬぐいは、残念ながら完売でして・・・・、来年買いに行きます、と勝手に予約してきました。本道コースは長かったけど、静かで本当に良い道でした。
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-12 23:30
ひしゃく姫、手ぬぐい売り切れ残念でしたね。少ししか作らなかったようです。
欲しい人他にも何人かいたので、来年またぜひ作ってと、おいらからもお願いしてきました。
Commented by morino1200tb at 2012-09-14 21:15
おっ、美味しい仕事でしたか。(^^)
月山泊りは良い景色見られますねー。
モンブラン、めんこいです。でも、黒いのに何でモンブラン?ひょっとして栗色?
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-14 21:19
morinoさん、頂上小屋には年に一回は泊まりたいと思っていたので、仕事で泊まれてラッキーでした。
モンブランは栗色ではありません。山の名前のほうかな?
Commented by morino1200tb at 2012-09-14 21:30
でも、山だと「白い山」ですよね。
モンブランに居そうな犬?
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-14 22:16
別に直接の関連がなくても、好きなものの名前をつけることもあるんじゃないでしょうか?
by akanezumi1984 | 2012-09-12 21:05 | おらいの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー