Sea To Summit 鳥海山

昨年に続き、いつも東松島に集まるボランティア仲間でわいわいとSea To Summit 鳥海山に参加。
ギエンタイで4つもチームを仕立てました。
昨年はチームに入りましたが、より自由に動いて仲間の写真を撮りたかったのと、確実に参加できるかどうか申し込み時に不明だったこともあって、今回はサポーター参加。
みんなのきらっきらの笑顔をたくさん撮ったのですが、このブログでは基本的に顔がはっきりわかる写真は載せないことにしているし、せっかくのいい顔に加工するのも忍びないので、アップできる写真があまりないのが残念。
少し小さめでぼやっと写ってるのとか、横顔はよしとしてしまおうかな・・・
f0118332_1022848.jpg

土曜三々五々関西、関東、宮城、山形各地から現地入り。午後からカヤックの組み立て。
昨年はキャンプ場でみんなでわいわいだったが、今回は開会式が終わるのが遅くて、近くで温泉入って、同じ建物内で遅めの夕食にしてキャンプ地に戻ったらもう寝るしかない感じの時間に近かった。
もう少し早い時間に開放してくれないと、全種目出る人はつらいと思うなぁ。集合5時で5時半カヤックがスタートですから。
f0118332_1064470.jpg

山銀チームが花笠衣装で参加してました。
f0118332_1073428.jpg

昨年に続き大仙のむきパンダさんが参加。
f0118332_1012596.jpg

みんなで楽しく参加することに意義があるだけのギエンタイ。なかには普段からカヤックやってる人、自転車やってる人、登山をする人もいますが、なかなか全部できる人はいない。特に自転車は趣味でやってはいても、街乗りだけとか、距離は走っていてもゆるやかなところだけの人がほとんど。ヒルクライムなんかやってる人はいないので、海から山につなげるのに自転車が一番手薄。
カヤックを持っている人と自転車でヒルクライムできる人が各チームに入るようにチームを作っていたのだが、直前になって自転車要員が2人キャンセルになり、緊急事態発生!
急遽二人でリレーして乗り切ることに。(自転車は中間地点のチェックポイントで一回選手交代ができる)
一人はあまりに直前過ぎるキャンセルだったため、カヤックと登山だけのはずだったのが、今回初めてまたがる自転車で走ることになったMさん、そこはさすがにモンなんとかの社員、颯爽とこなしていました。
f0118332_10234979.jpg

さすがにパンダかぶったままでの自転車と登山は無理みたいです(笑)
f0118332_10243942.jpg

四つあるチームの一つ「NECOSUCO」にはいろんな意味が込められている。ネコ(一輪車のネコ車を略してよくネコと言う)、スコップはボランティア作業につきものの道具。遠方から車で来る人はネクスコ利用するし、よく作業に行くお宅には人気者の猫がいる。
f0118332_10282552.jpg
f0118332_10292219.jpg

f0118332_1033644.jpg

スタートがかなり遅かったわりには御浜は余裕で早めに着いたのに、その後マイペース過ぎてゴールの神社に着いたのは制限時間ぎりっぎりだった。でも全員が間に合ってよかったー。昨年膝の痛みで御浜でリタイアした大阪のおっちゃんも登れた!
下山前に、ボランティアの時の朝礼でいつもやってる安全確認。まったくにぎやかな団体だよ。

f0118332_10374889.jpg

昨年は御浜から上はガスでなにも見えなかったが、今回は景色が見られてみんな喜んでいた。
f0118332_1039974.jpg
f0118332_10395060.jpg

下りもマイペースで海がオレンジに輝く時間に。閉会式にもちょびっと遅刻しちゃいました。
でも、ゆっくりな人に合わせて、みんなで楽しい時間を共有。それがギエンタイのよいところ。
時間ぎりぎりいっぱいでスタッフをやきもきさせたかもしれませんが・・・
自分の力を試すアスリートの方たちとは対極ののんびり集団ですが、みんな遠くから来ているのにで、めいっぱい鳥海の自然を満喫できてよかったと思う。
Commented by おばさい at 2012-09-12 21:40 x
なるほど。皆さん楽しみながら参加しておられるようですね。雰囲気がよくわかる写真ありがとうございます。来年が楽しみです。
以前、鳥海湖の辺りから日本海に沈む夕日を見ていたことがあります。あのひと時はくつろげますよね。もっとも、その後の下山が大変でしたが・・・。
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-12 23:35
おばさいさん、日帰りで夕陽堪能はあとがきついですね。前に何度か姥ヶ岳でやりましたが、御浜はもっと遠いから途中で真っ暗になりますね。
by akanezumi1984 | 2012-09-12 10:49 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー