仲間と鳥海山へ

山は一人か、せいぜい数人で静かにのんびり楽しむものと思っているが、地元開催のイベントにいつものボラ仲間集結とあらば介入いたす。
てなことでSEA TO SUMMIT 鳥海山の週末。
今回は正式参加者ではないけれど、一緒に楽しむ予定。
Commented by おばさい at 2012-09-08 09:34 x
考えてみたらカヌー、自転車、山登りすべて私の趣味ですね。と言うことで、来年は私も参加します。どんな感じか後で教えてくださいね。
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-10 00:06
おばさいさん、ちとお金かかる&二日間つぶれますが、海から山へ自力で到達というのは魅力的ではないでしょうか?
おいらは山しかできませんけど、仲間と和気藹々の二日間が楽しくて参加してます。
内容については検索すれば詳しい内容がわかりますので、調べてみてください。
雰囲気はあとで写真をアップしますので、それで感じてください。
Commented by ファーマー佐藤 at 2012-09-11 09:26 x
 あれっ?、あかねずみさんも登っていたんですかー。
気付きませんでした。御浜の上ですれ違った女子グループの中にでも
いらしたんですかね?。

 あの日は、暑くもなく寒くもなく、歩く分には良い日でしたね。
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-11 18:21
ファーマー佐藤さん、今年は正式参加されたんですか?
また任意で自転車から同時進行?(笑)
昨年同様、仲間でぞろぞろと歩いていましたよ。最近はキャップではなくつばのある帽子をかぶっているのでイメージ違って気づきにくいかもしれません。
みんなの写真が撮りたくて、今回は応援メンバーでうろうろしてました。
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-11 21:05
おっとっと。ファーマー佐藤さん、まぬけなコメント返してすみませんでした。
優勝なさってたんですねー。おめでとうございます!
でも日ごろの超人ぶりからすると当然の結果だったのでしょうね。地元から優勝者が出るって嬉しいですね。
閉会式に遅刻して、その瞬間に立ち会えなくて残念でした。
Commented by ファーマー佐藤 at 2012-09-12 08:28 x
 カヌーゲットが目的で優勝することしか考えていませんでした。(笑)
結果的にはガックリきましたが、まぁ、どうせ乗る暇無いしね。

 今年はシングル部門への女子の参加がなかったので、出れば優勝!
だったようです。来年は是非!。(^^v
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-12 09:35
ファーマー佐藤さん、軟弱者なので無理無理無理っです(笑)
自転車で半分どころかブルーラインの入り口でくたばってます、きっと。
開会式の時間も、翌日朝が早いのにもっと早く参加者を解放してくれないかなーとか、いろいろありますね。
関係者に言わなくちゃ。
入賞者への賞品も、ソロとアドベンチャーのトップには特別おおっというような賞品を準備したらいいのに、とおいらも思います。だってすごいですもん。
普通よりちょっとタフくらいな程度の人には自転車半分と登山だけでも相当疲労困憊ですからね。
車でブルーライン下りながら、友人と「ここ全部自転車って・・・すごいよねー。信じられない。」と話してました。
ファーマー佐藤さんにはどってことないことなのでしょうけれど、一般人からしたらアンビリーバボーなんです。
Commented by ファーマー佐藤 at 2012-09-12 21:10 x
 開会式はまだしも、その後のシンポジウムとかは時間を無駄に使った印象で、

「これこそ、環境に負荷を加えているだろっ!!」

と言いたくなるような中身の無い無駄な時間でした。

 表彰についても全く同じ思いでして、やはり頑張った者が報われないのは
間違っていると思います。前回に比べてみても、実力者が少なかったのは頷けます。

 これでは、大会のレベルが低くなる一方なのは間違いありませんね。
大会規定では山岳ステージで走るのが禁止されていましたが、あの登山道で
走ることが出来る人は鍛え上げた人に限られるワケで、ほぼ無意味な規定だと
思います。下りでは登る人最優先での走行禁止には賛成ですけどね。

 ということで、関係者によろしくお伝え下さい。
Commented by akanezumi1984 at 2012-09-12 21:46
そうですね。シンポは無理やり時間つぶしてる感じが否めず・・・(苦笑)
by akanezumi1984 | 2012-09-08 00:50 | つぶやき | Comments(9)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31