ラピュタから戻りました



以東からすぐの岩稜帯でもこもこ君に会った。ミズラモグラだろうか?


2週間のらぴゅた生活。長い夏休みのような仕事だったなぁ。
Commented by morino1200tb at 2012-08-11 08:57
お疲れ様でした。そしてお世話様でした。
素晴らしい山頂からの夕景パノラマですね。
三脚あったのですか?手持ちなら天才だ!
それにしても、以東岳は朝日の中では小屋からすぐに山頂に行けて、朝日の稜線をはじめとするパノラマが堪能できる一番良いところかもしれませんね。
また行こうっと。
Commented by akanezumi1984 at 2012-08-11 09:59
morinoさん、手持ちですよ。天才?(笑)
やっぱりピークからの眺めは最高ですよね。
以東小屋からピークまではサンダルで5分。大朝日小屋からピークよりずっと近い。
なのに登山客のほとんどは小屋前から登ってきません。
ほんの一登りで景色がまったく違うのにと、いつも残念に思っていました。
Commented by きく at 2012-08-11 10:28 x
え〜、パノラマは三脚にのっけてモーターで回してるのかと。
いいなあ、朝日北部はオッボ(オッポ?)峰のマツムシソウと共に宿題ですなあ。
院腸せんせは途中で戻ってきたそうですが、残念でしたねえ。
もっとも彼専用の清涼飲料水をいっぱい持っていたのかもしれませんが。

問題のもこもこ君は、ミズラにしては尾っぽが短く見えます。
尾長20-26mmと<日本の哺乳類>にあります。
したがってアズマモグラの山地型に1票です。

娑婆はなにかと気ぜわしいでしょうけど
ゆっくり疲れを取って下さい。
Commented by akanezumi1984 at 2012-08-11 11:09
きくさん、確かに尻尾短いんですが、高山なのでミズラのほうかなーと思ったのですがね。
アズマモグラは山地にもいるとは書いてありますが、高山にも分布しているのかな?迷うところです。
by akanezumi1984 | 2012-08-10 23:58 | ほかの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30