天国から奈落

f0118332_14393633.jpg

金曜夜遅くに友人たちと鉾立で合流して泊まり、土曜鳥海山に登った。
実は同じ顔ぶれで過去三度悪天候に阻まれ、いつも大平小屋に前泊すると嵐になるため、今回宿を変えてみたら快晴に。
東京からある想いを抱いて鳥海山に登りに毎年来ていたTさん四度目にしてやっと願いがかなった。
青空と雪と岩。そしてわずかに咲きはじめた花たち。
早朝から夕方までたっぷりと静かな山を堪能した。
なんて幸せな一日だったかと喜びに浸っていたら、実家の父が怪我との連絡に一気に奈落の底へ。
幸い命に別条はないが、手術して一ヶ月ほど入院が必要。リハビリも時間がかかるだろう。
うさこと過ごせなくなるのがかわいそうである。
おいらは今が一番忙しい時で家を何日も留守にするからなぁ。現場に連れてくか?移動がストレスになるよなぁ。
んーむむむ。
Commented by にんじん at 2012-06-04 08:47 x
こういうことは、突然やってきますね。
うさこさん、大王さまとの生活ができなくなり、それだけでも戸惑うかも。
うさぎは、案外ストレスに弱いので、
大王様もですが、うさこさんもなんとかこの急場を乗り切ってほしいです。
Commented by akanezumi1984 at 2012-06-05 04:51
にんじんさん、動物は言葉で説明してあげられないから、いつもと違う生活が納得できないでしょうね。
でも慣れてもらわなければ。
by akanezumi1984 | 2012-06-03 14:39 | つぶやき | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31