月山でのんびり

計画では、天気がよかったら山に行けるようにと、現場のあと泊まらずに昨夜うちに帰宅したわけだが、結局また朝ぼーとしていて出かけるのが遅くなるという、いつものパターン。
どうせ早く出ないなら、もう少し寝ていてもよいようなものだ。
f0118332_23142961.jpg

姥沢に着いて11時半(笑)道路脇にムラサキヤシオツツジが咲いている。
f0118332_23155076.jpg

今日は午後になっても晴れっぱなしのようです。いつもは姥に登り、尾根道を行くのだが、今日は先週よりさらに歩き始めが遅くなったので、下を巻いて行く事にした。
トラバースで行くほうがやはり断然早い。ただ花チェックができないのが難点。
f0118332_2317488.jpg
f0118332_23181176.jpg

平日とはいえ快晴、スキー場にはそこそこ人がいましたが、姥を過ぎるとたまにしか人がいない。
f0118332_23195295.jpg

暖かく、風は穏やか。雪は柔らかくてアイゼン不要。ツボでさくさく。牛首から少し登ると雪が切れて岩道。
f0118332_23211480.jpg

これはセアカツノカメムシか。例年大量のカメムシを見るけれど、今日はごく少ない。
f0118332_2322468.jpg
f0118332_23222594.jpg

鍛冶月光や山頂の花はまだ二週間後くらいだろうと思うが、ハクサンイチゲの早いのはツボミがついていた。これくらいだとじき咲きそうかな?
f0118332_232438.jpg
f0118332_23243320.jpg
f0118332_23352348.jpg

4月は雪に埋まっていて気づかなかった写経碑。亡くなった方たちのために祈った。
f0118332_2337494.jpg

三角点で遅い昼食。すぐ近くでカヤクグリが鳴いていた。他にも三羽追いかけっこ。今年もイワヒバリはいないようだ。もう5年くらい見ていない・・・他の山から来てくれないものか。
f0118332_2341529.jpg
f0118332_23421657.jpg

誰もいない静かな山頂。風も冷たくなく、実に穏やかな天気で、あーしあわせだなーと一人しみじみ喜びに浸れた。
3時ちょうどに下山開始。
f0118332_23445336.jpg
f0118332_23451611.jpg

牛首の上からまずは牛首にしゅびっと滑り、牛首から四谷にロング一本。あとは適当にトラバースしちゃ滑り、トラバースしちゃ滑りしながらリフト上駅方向へ。
f0118332_23522946.jpg
f0118332_23525135.jpg

沢コース、まだ藪も沢も大丈夫で快適に尻滑りできました。しかしびしょびしょ。ゴアのレインパンツの寿命が短すぎるのは深雪ラッセルと尻滑りのせいだろうか。
f0118332_23544962.jpg

こぶこぶは尻滑りしてはいけません。
家を10時時近くに出たのに、ゆっくり楽しめた。天気が崩れる心配がまったくなく、風がなかったので山頂でまったりできたのがよかったなぁ。
Commented by にんじん at 2012-06-01 08:20 x
経塚には、1万巻の写経が納められたのでしょうか。
毎朝1巻、1万巻までは、まだ遠い道のりです。
喜怒哀楽のほかに、人間には、祈りという延々とつづく想いがあるのですね。
Commented by akanezumi1984 at 2012-06-01 10:25
にんじんさん、以前にも写経されていると聞きましたが、ずっと毎朝続けてらっしゃるのですね。
祈りには、他者のために祈ると同時に自分の気持ちを鎮める効果もありますね。
Commented by ジョニー at 2012-06-01 22:01 x
昨日はどうもです!雪中毒としては大雪城が気になるので限界までうさだるま作りに行って下さい(笑)
by akanezumi1984 | 2012-05-31 23:59 | おらいの山 | Comments(3)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984