2年ぶりのバス、電車、東京

ずっと仕事以外の遠出はしていなかったが、今月の地平線報告会は久しぶりにがんばって行きたかったため、夜行バスで上京。
バスに乗るのも、電車に乗るのも、おととしのお台場ぐるぐる以来ではないかな。
主目的の地平線報告会は金曜の夜だが、木曜の夜行バスに乗ったので、金曜の早朝東京に着いてしまった。
f0118332_23202135.jpg

かわいいわんこのいる知人宅から、来てよいと言っていただき、朝ごはん済ませてから訪問。
今回の地平線の報告者、カナダ在住の日本人マッシャーで4回目の挑戦で今年ユーコンクエストを完走した本多有香さんも身を寄せていたので、彼女とは3年ぶりの再会。
いきなり坊主頭になっていて、ドアを開けた瞬間びっくりした。
部屋のオーナーは休んでていいよと言ってくださるが、なんとなく恒例になっている部屋の掃除にすぐとりかかる。忙しすぎて掃除ができないようで、いつもものすごくやりがいのある状態なのだ(笑)
流し、ガス台、台所の床、洗面所など雑巾でこすりまくり、すっきり。
オーナー喜んでくれて、おいしいお昼ご飯を食べさせてもらった。(原稿締め切りあるのに大丈夫かなと思ったら、以前作ったおいしい料理が冷凍してあったのだ)
夕方、三人で報告会の会場に移動。
f0118332_2328815.jpg
f0118332_2328256.jpg

カナダから持ってきたクッカーの説明中。わざわざ持ってきたのは報告会で見せるためだけでなく、壊れたから日本で修理・改善してもらうためだとか。
以前は永住権がなかったため、夏の間は日本に戻ってありとあらゆるバイトをして資金を稼ぎ、冬の間アラスカで犬ぞりの訓練やレースという生活だったが、今はカナダで永住権を取得、借りた土地を自力でチェーンソーで切り開き、キャビンのキットを買って小屋を立て、自分で子犬から育てた犬たちでチームを作っている。
以前は自分で訓練するとはいえ、借り物の犬たちでレースに出るしかなく、準備不足だったり、十分なリーダー犬を借りられなかったりで苦戦していたが、今年は自分で育て、しっかり訓練した犬たちと望んだレース。
見事日本人で二人目、日本人女性では初のクエスト完走者に!
f0118332_23331565.jpg

クエストは15位まで賞金が出る。そして彼女は15位入賞したのだが、賞金はわずか15万円ほどだという。
地元では熱狂的な人気のある犬ぞリレーすだが、優勝してもそれほど高額な賞金がもらえるわけではなく、大きなスポンサーがつかなければ絶対的な赤字になる。
彼女には装備提供のスポンサーはあるが、大好きなビールを我慢し、自分のことにはとことんお金を使わない生活をし、必死に働いて犬たちの餌を確保し、レースの費用をひねり出す。
今回報告会のために来日するにも、航空券を買う費用は相当苦しい出費。地平線会議から旅費や講師料は出ないので、なんとか航空券代を支援できないかと、彼女のこれまでの軌跡をまとめた本が急遽作られ、売り上げから実費を引いた残りが彼女に渡されることになった。
会場に来てくれた多くの方が買ってくれた。地平線のウェブサイトからも注文ができるので、そちらで買ってくれた人も。
報告会の後は恒例の北京での二次会で、恐ろしい勢いで次々出される中華であっという間に満腹に。
ここでもおもしろすぎる方たちに会える。
この後、以前は誘われても逃げていた公園野宿に今回初参加。都心の公園で野宿だ。
公園の一角に野宿党が集まり、なんだかんだ3時半頃まで話していて、寝たと思ったら4時半頃にはもう掃除のおじさん集団が現れ、空き缶を集めるガンガラガンという物音で目覚めた。
すぐ近くで一生懸命掃除する人たちがいて、おいらは寝ていられなくなったが、さすがベテランの野宿党員たちはまったく動じずに寝続けている。
f0118332_23485094.jpg

一人ブルーシートにくるまっているのは、昨夜段ボールだけ持ってきた青年。防寒着は着ているが、寝袋なしで野宿するというので、下に敷こうと思って持っていたブルーシートを貸してあげた。くるりとくるまったら快適に眠れたそうだ。
f0118332_2351121.jpg

せっかくなので、最近二冊目の本を出したばかりの野宿党の党首から直接新刊を購入し、サインを書いてもらった。
ゆったりまったり過ごしたあと、ゆるゆると解散。
昔行ったことのあるパン屋さんに寄って昼の高速バスで仙台に向かい、バス乗り継いで山形に夕暮れ時に到着。

久しぶりに刺激的な人たちにたくさん会えておもしろかった。
Commented by にんじん at 2012-05-27 07:23 x
おかえり~。
マッシャーさんにはじめて会えると、行く気満々だったのですが、用事が出来て、あかねずいさんにも会えずじまいでした。
本は、、報告会でもらいます なんてメールしておきながら、やっぱり送って下さいメールに。
あかねずみさんのこの報告に、通信前に雰囲気がわかって、通信が届くのがたのしみ。
なんでもいいからたのしみが来るのはいいこと。
Commented by akanezumi1984 at 2012-05-27 09:28
にんじんさん、もしかしたらお会いできるかもしれなかったのですね。いらっしゃれなくて残念。
実は会場で本を買うときにテーブルの端に、発送分の本がその場で速攻封筒詰めされていて、ふと宛名見たらにんじんさんの名前で嬉しくなったのですよ。
彼女は完走できたらから一区切りではなく、優勝を目指したいし、アイディタロッドも出たいと意欲的。
チェーンソーで自分で木を切り倒し、小屋を立て、犬たちを育てているのですから、本気です。
Commented by にんじん at 2012-05-27 16:15 x
きゃ~~あかねずみさんと、封筒でご対面出来ていたんですね。
どんな形にしろ、会えて? よかったです。
Commented by akanezumi1984 at 2012-05-27 22:26
にんじんさん、翌日二年か三年ぶりに参宮橋に行ったのですが、あのパン屋さんのすぐ斜め向かいに別のパン屋さんができて、とてもおいしかったです。お試しをー!
Commented by にんじん at 2012-05-28 08:32 x
アイアイサー    

実家が、私立校のすぐそばで、学生相手にパンやさんをやろうかなどとそんな50年前とちがって、今のパン屋さんは、パン激戦区、お家賃もた~いへんでしょう。
ちなみに結局、パン屋さんの話は実現しませんでした。
現場、お気をつけて、いってらっしゃい。
Commented by tera at 2012-05-29 21:28 x
3年前の報告会行ったので、完走との新聞記事をみてちょっと身近?な気持ちになっていました。

あかねずみさん、とうとう野宿ってしまったのですね(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2012-05-30 21:25
teraさん、おいらは毎冬彼女が出ていないときでもクエスト期間はパソコンでクエストの進行に一喜一憂です。
彼女が出ているときは気になって気になって、現場に出てチェックできないときには友人にメールで中継頼むほどでした。
野宿は森で一人だけで寝袋とマットとライトだけでというのはやってるんですけどね、都会の公園でというのは今まで抵抗あったのですが、ついにやってしまいました。
by akanezumi1984 | 2012-05-26 23:54 | お出かけ | Comments(7)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31