湯殿山~装束場

天気につられてまた山へ。
快晴の日曜で、人が多そうとは思ったものの、予想以上でした。
f0118332_2225311.jpg

たまたま人数の多いツアー登山もあったせいもありますが、やはりスキー場オープンして一気に人が増えたんですね。こちらから入山する人だけでなく、姥沢から入る人でも単独でない場合は車をデポしておく人がいるようです。
f0118332_22265479.jpg

博物園付近にニュウナイスズメが戻ってきました。
f0118332_22274794.jpg
f0118332_2228784.jpg
f0118332_22282596.jpg

鳥海山もきれいに浮かんでいた。
f0118332_2229177.jpg

スタートが遅かったので、登っている間はほとんど人を見なかったが、山頂は大賑わい。30人近い団体さんに、数人のグループもいくつか。そして姥のほうからも続々と人がやってくる。
おいらは森林限界で軽く食べていたので、山頂では知り合いに挨拶しただけで、装束場に向かう稜線へ。
f0118332_22305089.jpg

クラックができ始めていた。
f0118332_2232292.jpg

姥から来る人たちは若いボーダーさんのグループが多いが、スキーは年配の方も多い。
70歳くらいと思われる単独のスキーヤーさんは月山山頂行ってからの湯殿とのこと。強いなぁ。
f0118332_22342364.jpg

湯殿と装束場の真ん中へんでちびうさを作っていたら、おしゃれなスキーヤーさんがいらしたので、撮影させてもらいました。
f0118332_22353484.jpg

f0118332_2236657.jpg

ずっと下のほうに湯殿山神社の赤い鳥居が見える。
f0118332_22364838.jpg
f0118332_2237145.jpg
f0118332_22374171.jpg

今日の尻滑りライン。
f0118332_22382452.jpg
f0118332_22385344.jpg

4/1に天候急変で稜線から落っこちて下った谷はここだな。
f0118332_2240214.jpg

静かな装束場のコースをぐんぐん下ったら、あっという間に大門海付近。
天気がよくて、すぐに帰るのはもったいないので丸森山に登ってティータイム。
f0118332_22413245.jpg

のんびりしていたら、近くのほかの山に登っていた仙台の山好きさんチームから、これから寒河江でラーメンなどいかがとお誘いいただきました。
f0118332_22422645.jpg

有名なので名前だけは知っていた福屋のワンタンメン、おいしかった!ワンタンどんだけ入ってるんだ!
外食あまりしないので、地元なのに場所を知らず、仙台の人に案内してもらいました(笑)
f0118332_2244247.jpg

朝見つけて拾っておいたイタチをクール便で研究者に送ってから帰宅。

明日から三日間現場で、携帯からしかアップできません。
Commented by E子 at 2012-04-16 13:24 x
おしゃれなおじさんに、博物園前でヒッチハイクされました。で、姥駐車場まで送りました。
Commented by akanezumi1984 at 2012-04-16 13:58
ぷ、そんなことに!というかE子さんも湯殿山頂隊にいたの?大勢いすぎて気づかなかったです。
Commented by にゃんた at 2012-04-16 20:49 x
湯殿山良いですねー
日曜は賑わっていたみたいですが雪の状態も段々と厳しそうです。
直滑降のライン取り、見習させていただきます。
Commented by morino1200tb at 2012-04-16 21:35
ホント、ネクタイ絞めたダンディーな方ですね。
今度は私もネクタイ絞めて登山を・・・。無理無理(^^;)
福屋のワンタンメンは癖になりそう。(笑)
Commented by ナカシィ at 2012-04-16 21:40 x
はじめまして。ナカシィと申します。
昨日は湯殿山を眺めながら、月山~姥ヶ岳西斜面を滑り下りました。
ネイチャーセンター近くでおしゃれなおじさんをお見かけし、あまりの印象深さに見入ってしまいました(^_^)
Commented by SONE at 2012-04-16 22:12 x
昔の山岳雑誌の表紙を飾りそうなダンディな紳士ですねぇ。
私もこんな恰好に憧れますが、やっても似合わないのは分かっているので無理無理…(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2012-04-17 19:47
ダンディさん、やはり目立つからいろんな方の目にとまったようですね。
天気が急に悪化したらちょっとまずいかもしれませんが、昔はみなさんあのようなスタイルで登山やスキーをしていた時代もあったのですよね。
ある知人は、若気のいたりで(まだ十分若いですが)浴衣に下駄で朝日の稜線を歩いてみたことがあると言っていました。
うーむ。着流しに菅笠のほうが風流かな。
by akanezumi1984 | 2012-04-15 22:45 | おらいの山 | Comments(7)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31