3/7~3/8鹿食べて湯殿山

f0118332_2354830.jpg

北海道からはるばる東松島にボランティアに来てくれたWaKaさん。一週間の滞在中に山形にも来たいというので、弟分のところに泊めてもらうことに。とりあえず、ひっぱりうどんで昼食。
f0118332_2362576.jpg

先週の現場でもらったキジさんを食べてみようかと、羽むしって解体までやってみましたが、どうやら雪パックしても一週間は長すぎたようで、状態があまりよくなかったので、食べるのは断念。
f0118332_2364818.jpg

それでもフライフィッシングのフライのいい材料になると、ふわふわの羽毛に喜ぶ二人。
f0118332_23143794.jpg

キジが食べられないので、友人からもらった鹿肉の残りを塩コショウ味と、ジンギスカンたれとで食す。
弟分とこの食材の鍋も食べてお腹いっぱいに。二人は日本酒飲んで大盛り上がり。
f0118332_2318127.jpg

翌朝は6日夜の鹿シチューの残りとパンで朝食。鹿肉はおいしいー。
天気は4日の時のような早朝から真っ青な空というほどではなく、薄い空色であったが、三人で湯殿山めづすことに。
f0118332_23205434.jpg

ヤマネコヤナギの芽がふいてきた。雪の壁もぐぐっと低くなり、春の兆し。
f0118332_23215458.jpg
f0118332_23221630.jpg
f0118332_23223542.jpg

この冬はほとんどレンジャクを見なかったからか、ヤドリギの実がまだまだ残っている。ツグミはたくさんいたけれど、レンジャクほどは食べないのかな?
f0118332_23242536.jpg
f0118332_23244091.jpg
f0118332_2325493.jpg
f0118332_23252926.jpg
f0118332_2326255.jpg

コメツガの樹氷、見に行かないうちに暖気ではがれてしまった・・・
f0118332_23265860.jpg

突然、すぐ上をクマタカが飛んで行った。肉眼でもばっちりな距離であったが、あれよあれよという間に遠ざかって行った。
f0118332_23293061.jpg
f0118332_23295928.jpg
f0118332_23301978.jpg
f0118332_23303675.jpg

今季初の湯殿山山頂。暖かい日があったせいか、いつになくガリンガリンが小さかった。
f0118332_23321623.jpg
f0118332_23324187.jpg

風がほとんどなく、珍しく穏やかな山頂だったが、昼食はちょっと下ってからにするべと行動食だけで下山開始。
f0118332_2335471.jpg
f0118332_233532100.jpg

ブシ沼から焼山尾根をまわって博物園裏へ。行動食食べ過ぎて、結局カップ麺食べずに帰ってしまった。
f0118332_23364931.jpg

重機で周囲の雪を削ってあったのだが、またや屋根雪が地面とつながってしまい、博物園の建物がひどく壊れてしまっていた。
f0118332_23385976.jpg

湯殿山でちびうさ作るの忘れ、志津まで戻ってからちびうさ奉納。

曇りがちで空色は真っ青とまで行かなかったが、まずまずの天気で楽しめた。
が、この日はこれで終わらず、この後昔の鳥仲間と飲み会。
f0118332_2342219.jpg

先日山仲間と行ったお店があまりに料理がよかったので、再来。人気店で予約も難しいとの話で、まず無理だろうと思って行ってみたのだが、奇跡的に席が空いておりました。
みな満足で帰宅。安いのに上質のものをたくさん食べられるので、安くて悪くないという程度の店に行くのがばかばかしくなりますなぁ。
Commented by Mt at 2012-03-12 14:55 x
鹿肉うまかったですねー!ごちそうさまでした
Commented by akanezumi1984 at 2012-03-13 08:38
mtちゃん、鹿肉は煮ても焼いてもうまいね。ところでキジ肉はどうなった?
Commented by mt at 2012-03-15 12:06 x
キジ肉。この冬近所をうろついていたキツネがこのところ姿を見せず、カラスに荒らされると嫌なので家から離れた所に置いたんですが・・。誰も取らないまま今回の吹雪で埋まっちゃいましたね(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2012-03-15 22:57
キツネどうしたんだろうね?引っ越した?
キジ肉は一ヵ月後くらいにクマが「いい熟成具合だ」と喜んで食べるかも。
by akanezumi1984 | 2012-03-10 23:06 | おらいの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30