盛り込みすぎた週末・第一部

アウトドア義援隊のボランティア仲間が月山に遊びたおしに来た週末。
スノーシューを楽しみたい。
雪中泊をしたい。
雪旅籠を見たい。
おいしいものを食べたい。

全て盛り込みました。天気にも恵まれて、めちゃくちゃ楽しい週末に。

いろいろいありすぎたので分割してアップします。

第一部はスノーシュートレッキングと雪中泊の準備編
f0118332_11461112.jpg
f0118332_1146242.jpg

まずは日帰り装備にスコップとスノーソーだけ持って出発。途中で大きなアカミノヤドリギが落ちていたので、オブジェ用に拾って行きました。
f0118332_11473637.jpg

一度暖気でしまった雪の上にふんわりと新雪が乗り、ラッセルなして歩きやすく、かつふわふわもありのいいコンディション。大阪の友人はもう雪が嬉しくて転げまわる。
f0118332_11485844.jpg

ラッセルなしなので一本ブナに楽々到着。
f0118332_11494524.jpg

嬉しくてしかたない人たち。すきあらば雪の上で転げまくる(笑)
f0118332_1153311.jpg

そのまま雪だるま作りに突入。
f0118332_11533435.jpg

四者四様の雪だるまたち。
f0118332_11542796.jpg

志津野営場に下る。
f0118332_1155661.jpg

雪見大福山に登頂!(この5m下に炊事棟かなにかがある)
f0118332_1156549.jpg

この日の宿になるあずまや開口部。先週掘ったので入り口の雪庇はないが、だいぶ雪で埋まっている。
f0118332_1157764.jpg

とりあえず最低限危なくないようにルート工作して潜入!
f0118332_11575229.jpg

入るのは簡単だが、出るのは大変なので、しっかりした階段を作る。
f0118332_11583144.jpg

作業で体が温まり、ただの雪なのに「この雪超うっめー!」とむさぼる二人。
夕方から合流する鷹匠さんの鷹のための小部屋とトイレ、小物を収める棚を作り、床を整地し、ブロック雪でテーブルと椅子も作って準備万端。
予定時間ぴったりで志津へと戻る。

第二部へ続く・・・
by akanezumi1984 | 2012-03-05 11:59 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31