楽しかった週末終了

今回は前に壁と床板をはがしたお宅の仕上げ。
津波をかぶった部分はなにしろ隙間という隙間、面という面に泥、砂、いろいろなゴミがついているので、ほうきやハケで丁寧にこそげ落としてから、床に石灰をまくまで。
一日目の作業後帰った人もあれば、日曜の朝関東から駆けつけた人あり。
f0118332_22244162.jpg

なにしろほこりっぽくて、昨日も今日もマスクをしていたのに鼻をかむとティシュが茶色に!
f0118332_22264183.jpg
f0118332_22265585.jpg

別動隊は、通称ハカセが私費で準備してくれた災害対応セットを、山に整備した避難路の上に運び上げた。
ハカセは夏にも大量の保冷財を買い込んで寄贈してくれている。今回は3.11の時にせっかく津波そのものからは助かったのに、その後凍死した方がたくさんいたことに心痛めて、寒さからのサバイバルグッズ中心のセットになっている。
f0118332_22305888.jpg

お昼は近くのHさんの家にお邪魔して、囲炉裏を囲んで団欒。
昨夜はHさん、東名に住み込みで仕事している大工の棟梁もいっしょにひっぱりうどんを食べて楽しく過ごし、Hさんは寝袋持参で自宅ではなく、いっしょにグループホームに泊まった。
午後はHさんも誘って大高森へ。
f0118332_2237064.jpg

以前は、とにかく作業をどんどん進めなくてはと思い、地元の方と話していても途中でじゃそろそろ作業に戻らないと・・・という感じだったが、だいぶ落ち着いてきて今は地元の方といっしょに楽しむ余裕が出てきた。
いっしょにお茶を飲んだり、鍋を囲んでお酒を飲んだり、散歩したり。
f0118332_2246887.jpg

東京から何度か来ている通称ちりちりのっぽさんと、彼とたまたま金曜飲んでいて急に「これから友達が東北に車でボランティア行くから、いっしょに行かない?」と誘われて初めてボランティアに来てくれたM島さん。
おいらのタヌキを見せたら、二人してもののけ姫ごっこに(笑)
f0118332_22494598.jpg

f0118332_22485016.jpg

野蒜のOさんからハクチョウが毎日来るようになったとしばらく前に聞いていたが、その後結氷して来なくなってしまった。きっと凍っていないところに移ったのだろうと言っていたら、いました、いました。
本来は日本には来ないコブハクチョウ。どこかの公園のが野生化したのてしょう。
ハクチョウなのにOさんのご家族には「ツルオ」と「ツルコ」と呼ばれている。ある日Oさんちのおかあさんが咄嗟に「今日は鶴来てないのかねー?」と口走ってしまい、家族に爆笑されて以来、ハクチョウたちをわざとツルと言っているようである(笑)
来週も通称南極さんが来るので、来れる人は来て、南極シェフも来るよ、とお誘いがきているのだが、雪旅籠と肘折の地面出し競走があるので行けないなぁ。
by akanezumi1984 | 2012-02-19 22:55 | ボランティア | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984