羽黒山

当初、北月山荘から歩こうというプランが悪天予報で延期になるところ、おいら一人で羽黒山に行こうかなと言ったらほかの方たちも延期でなく場所変更でということに。
ここは悪天候でも道迷いの心配はないし、山寺同様、雪でいっそう魅力を増す場所なので、年に一度は歩きに行きたい場所なのである。
f0118332_2324144.jpg

昨夜一度は延期決定となったためか、二人はスノーシューがなく、わかんを借りることになったが、一組は紐が短すぎて結べないため、一人つぼ足に。幸い新雪は少なく、底があったため問題なし。(ところどころ抜けるから、スノーシューやわかんがあったほうが楽だとは思うが)
f0118332_23263642.jpg
f0118332_23265380.jpg
f0118332_2327252.jpg
f0118332_23274488.jpg
f0118332_2328690.jpg
f0118332_23282331.jpg

五重塔までは観光客や撮影の人がそこそこ来るが、その先は誰もいないと思いきや、新しい足跡が。トレランの人がおいらたちが1往復する間に3往復していた。
f0118332_23294118.jpg
f0118332_2330645.jpg
f0118332_23302940.jpg
f0118332_23304917.jpg

気づかない人も多いが、合祭殿には黒い怖い人が四人いて、じろりと見下ろしている。
f0118332_23315375.jpg
f0118332_23322587.jpg

ここが初めての方もいたので、ヤタガラスをお見せしましょうと案内すると、ん?ない。もしやそこのこんもりか?
f0118332_23334474.jpg

ここ掘れ、かぁーかぁー。
f0118332_2334194.jpg

ヤタガラスが発掘されました。
f0118332_2335278.jpg
f0118332_2335542.jpg
f0118332_23361869.jpg
f0118332_23364128.jpg
f0118332_23373100.jpg

一の坂、二の坂、三の坂・・・急な石段のところは下りは尻滑りゾーンに。
f0118332_23373182.jpg

雪が時折ちらつくだけで思いのほかよい天気で、北月山荘コースも行けたか?とも思えたが、羽黒山の美しさにみな満足。これはこれでやはり必要で大事な一日でありました。
北月山はまた別の機会に・・・
by akanezumi1984 | 2012-02-09 23:40 | ほかの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー