冬の山寺

昔から冬の山寺が好きで、積雪期に一度は行く。以前と違い、冬でもそこそこ観光客がいるので午後三時くらいが狙い目だ。(早起きすればという話もあるが・・・)
f0118332_23265388.jpg
f0118332_23271199.jpg

悪いところをさするとよいと書いてあるので、あちこちさすりました。これが加齢というものなのか、最近派手に怪我しなくなったのに、なぜか痛いところが増えて、しかもなかなか治らないのである。
f0118332_23272635.jpg

水子供養の小さなお地蔵さんは、おいらの作るちびうさよりも、さらに小さい。かわいいが意味を考えるとせつないのぉ。
f0118332_2330464.jpg
f0118332_23301985.jpg
f0118332_233050100.jpg
f0118332_2331619.jpg
f0118332_23312348.jpg
f0118332_23313951.jpg

観光客が帰った時間帯、実はサルとイワヒバリに期待して双眼鏡持ってきたのだが、会えず。
カラスとカラ類、ウグイス、ジョウビタキにヒヨくらいでした。
f0118332_23332136.jpg

ちょっと彩雲ぽかった。
f0118332_23333519.jpg
f0118332_2334420.jpg
f0118332_23342768.jpg
f0118332_23344890.jpg

ほんの少し登っただけで、なんて景色がいいのだろう。
f0118332_23355719.jpg

標高が低くても、気温が低くてちびうさ難易度高かった。舐めてようやく耳接着。
f0118332_2336469.jpg

恐ろしい形相の姥様とぷーさんのコラボ。
f0118332_2337395.jpg
f0118332_23375974.jpg

ほんの一時間ほどの散策だけれど、冬の山寺の美しさは満足度が高い。
だいぶ下ったあたりで、登ってくる女性が一人。この時間から?と思ったが、服装や荷物が観光客ぽくない。すれ違うと背中にまだ小さな赤ちゃんが・・・
素晴らしい景観だけれど、暮らすには石段の往復で買い物とか大変だろうなぁ。
上にポストがあるけど、郵便の収集も毎日上まで行くのだろうか?冬は雪や氷で足元が危ないので、郵便の方も大変だな・・・
Commented by ファーマー佐藤 at 2012-01-13 13:07 x
 へー、冬の山寺とは珍しいですね。下りは「けっつぞり」でしょうか。(^^;

 ところで、妻が創作人形を紹介するブログを始めました。
よろしかったらご覧下さい。

http://kotatuwarasi.cocolog-nifty.com/blog/
Commented by akanezumi1984 at 2012-01-13 13:43
ファーマー佐藤さん、山寺は石段ですので・・・無理です。ルート外も狭くて急だから石段を滑らないよう気をつけて下るしかないですね。
昔は冬は観光客が少なかったので、土日に行っても午後遅くだと、サルがのんびり歩き回っていたりしましたが、ここ何年かは冬もそれなりに観光客がいて遭遇率が低いです。
でも、きれいだし近いので、ちょこっと写真撮りに行くによいです。

奥様の人形、細かいところまで作りこんであってすごいですね。
ソリなんかの小物も自作なのでしょうか?
材料は?
学生の時、一冬、石粘土で小さな鳥のデコイやストラップ作りをしたことがありましたが、こんなに手がこんだものではありませんでした。
Commented by ファーマー佐藤 at 2012-01-13 19:47 x
 すみません。質問は妻のブログの方へお願いいたします。(--

 山寺の彫像は見事ですね。改めてじっくり見たいと
思いました。
Commented by akanezumi1984 at 2012-01-13 21:14
ファーマー佐藤さん、そうですね。そうします。
Commented by morino1200tb at 2012-01-13 22:40
うーん、いいですねー。
他の写真もそうだけど、こうした静謐さを感じられるあかねずみさんの写真が好きです。
Commented by akanezumi1984 at 2012-01-13 22:56
morinoさん、ありがとうございます。
すべては雪と太陽のおかげです。
冬型だから天気悪いかと思っていたら、意外に晴れていて、もったいなくて出かけました。
観光客がいないと山寺も静かでよいところですよ。
秋に行った霊園の奥はちらと覗きに行きましたら、道が雪で埋もれており、そりゃそうだと引き返しました(笑)
by akanezumi1984 | 2012-01-12 23:43 | ほかの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー