のんびりのはずが・・・

18日午前中は体調悪くてぐだぐだ。でも天気予報は午後から晴れのようだから、ちょうどいい
やと10時近くにやっと出発。
f0118332_12434255.jpg

途中の大カツラは黄葉全盛にあと一歩。まだ甘い香りはしていなかった。

博物園から装束場コースを、小屋より少し上のポイントまで行って、体調がよくなれば姥周りで
姥沢に下り、大門海コースでぐるりと周るか、そのまま装束場を下って原生林のんびりして帰る
か・・・と考えていた。
しかし、11時過ぎに博物園に着いて、まずはのんびりウズムシ観察していると、スタッフのM氏
に「2時まで戻るよね?」と話しかけられた。
「なんで?今から装束場方面だよ」と言うと「無理だな。行けないな。」とにやり。だから、なんなん
だー?
結局2時頃にスペシャルゲストが到着するということなのだった。おいらがいても、いなくても問題
なさそうなんだけど、会ってみたい方ではあったので、2時戻りを頭に11時半出発。
f0118332_12445748.jpg
f0118332_1245664.jpg
f0118332_12451354.jpg

1時に折り返すつもりでも、ついつい装束場まで行けそうな気がして飛ばし気味で歩いていたが、
ゆっくり紅葉の撮影するために来たんだったよと歩を緩めた。
f0118332_1249182.jpg
f0118332_12493654.jpg

とはいえ、ある程度上に行かないと視界が広がらないので、絶景ポイントまでがんばる!
んーっ、ちょうど橋折れのあたりが絶景であった。美しい・・・
ここはたまにワシも見られるので、あまり時間はないがカップ麺ランチしながら、空を見張る。
ここでますます天気がよくなれば、2時博物園は断念して、山でゆっくりしようかと思うところだが、
雲が出てきたし、風が寒いので、おとしなしく帰ることにした。
でも、お茶くらい飲まないと・・・
そうこうするうち、走らないと2時に間に合わないことに気づく。
膝に悪い石畳の道を走って博物園に2時ちょうど着。
しかし、お客様は来ない。けっきょくいらしたのは4時近く。上でもっとゆっくりして、ブナの実拾い
しながら下れたのに・・・
f0118332_1257295.jpg

まぁ、文字通りの駆け足とはいえ、山を楽しんだけど。
f0118332_130560.jpg

スペシャルゲストさんとは名嘉睦捻さんでした。今博物園で作品展を開催していることもあり、出羽
三山を観光する途中で立ち寄ってくださったようです。
f0118332_1301521.jpg

名嘉さんの大ファンだという地元の方が、自宅にあった作品を持参し、サインをいただき、記念撮影
して感無量に。
f0118332_133427.jpg

サインもアートでした。
f0118332_1303010.jpg

千歳栄先生がずっと同行し、歴史や魂の話をされていました。
いろいろ聞いてみたいことはあったけれど、二人の世界を邪魔せぬよう、見守るだけに・・・

ちょっと外にいる間に体が冷え切りました。気温3度で風があるので、もう冬の服装でなければ、の
博物園(その日の天候によりますが)

事務室に逃げ込むと、見慣れぬ実が・・・
f0118332_1363311.jpg

そのブツブツの実なに?見たことないけど、このへんにあるの?と聞いてみたが?
f0118332_1382532.jpg

よく見たら東根の豆糖だった(笑)しかし、この並びって・・・
by akanezumi1984 | 2011-10-19 12:57 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31