10/12-14朝日

調査する方に動向すればよいという不思議なバイトで朝日のお山へ。(安全管理上、単独
行動がだめらしい)
f0118332_2123878.jpg

集合場所の日暮沢小屋で待つ間、うろうろしていたら、きれいなイモちゃんが・・・調べたけ
れど、なんの幼虫か不明。
f0118332_21241415.jpg

アカモノが一輪咲いていてびっくり。エゾオヤマリンドウはまだまだがんばっている。
山形市内も気温5度と寒い朝だったが、はじめは晴れていて樹林帯の登りは風も当たらない
ため、薄着で汗かいて登ったが、稜線に出ると風が冷たかった。だんだんガスってきて、
竜門過ぎてからはガスと強風、気温は3度しかなく、もはや修行。雨降らなくてよかった。
スタートが予定より3時間遅れたため、狐穴に5時着。暗くなる前に着けてやれやれ。
卒論のため月曜から小屋に泊まっているU君と久しぶりの再会。何度か東松島のボラ
に来てくれていたのだ。
調査の方と三人、前から顔見知りなので、輪になって食事。貸切です。
13日早朝は、一応起きてはみたものの、ガスが濃くて日の出は見られず残念。しかし、
だんだん晴れてきて、調査日よりとなりました。
鳥の調査ではないので、おいらは記録を書くくらいで楽なものでした。時々晴れ間はあった
が全体には曇りで夕日は見られず。
f0118332_2142534.jpg

この日は余裕があったので、Hさんが産直から買ってきた原木ナメコとブナカノカを水場で
掃除してナメコ汁とカノカ炒めに。うまかったー!食材残しても・・・と、各自の持ち物を見て
組み合わせていろいろ食べた。Hさんのカボチャ半分(けっこう大きめ)をスライスして焼い
てもらい、おいらの溶けるチーズとピザソースとタマネギ、ピーマンを混ぜたのを載せて
食べたら、かなりいけました。初対面のカメラマンさんも招いて、楽しい山小屋の夜。
夜になって晴れて、月明かりで山々がとても美しく見えた。
f0118332_21513119.jpg
f0118332_21513949.jpg
f0118332_21515323.jpg

夜から晴れていたので、14日は早朝一人だけ小屋を抜け出し、日の出を見た。ほと゜なく
カメラマンさんも出てきた。ほかの人たちは見なくてよいのかーい?
f0118332_215759100.jpg

ほぼ満月のお月様と、狐穴小屋と大好きな以東岳と。来てよかったなぁとしみじみ思える
景色。
f0118332_21591710.jpg
f0118332_21594231.jpg
f0118332_21595497.jpg

刻々と変わる色合いに見入る。
朝の時間を堪能して小屋に戻り、朝食。そして荷造り。もう帰るだけだ。
車は日暮沢だが、Hさんの好意でU君と天狗経由で下山できることに。
f0118332_2273669.jpg

まだぽつりぽつりタカネマツムシソウが咲いていた。
f0118332_22951.jpg
f0118332_2291442.jpg
f0118332_2293425.jpg

気持ちいいねー!
f0118332_2226265.jpg

クマの仕業。ところどころ獣臭もぷんぷん。
f0118332_22175826.jpg
f0118332_22181646.jpg
f0118332_22182579.jpg

元気な若者ペースでちときつかったが、天気がよいので秋山満喫。
f0118332_22261061.jpg

Commented by morino at 2011-10-15 23:37 x
お疲れ様でした。
でも、おいしいお仕事?(笑)
三方境からのいい景色も見られて何よりです。
狐-天狗-南俣出合は今年行けなかったので来年行きますよ。
やっぱり熊臭?(怖)
Commented by akanezumi1984 at 2011-10-16 00:06
morinoさん、山好きにはおいしい仕事でしたね。しんどいのが嫌いな人はお金もらっても行きたくないでしょうけれど。
奴の落とし物はありませんでしたが、何度か臭いました。でも三面よりはましかなと。
by akanezumi1984 | 2011-10-15 22:04 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30