遭遇

f0118332_237456.jpg

今日から山形国際ドキュメンタリー映画祭開幕。
開会式と短編のドキュメンタリー上映が無料だったので、夕方歩いて会場に向かっていたら、
交差点で豊烈神社のお神輿と遭遇。ちょっと得した気分。
開会式は弦楽カルテットの演奏で始まり、関係者のご挨拶の後、1964年に撮影された
「出稼ぎ」の短い作品が上映された。
そういえば子どものころ、農家のお父さんたちは出稼ぎに行くのが当たり前みたいなころ
があり、小学校で出稼ぎの方を元気付けるための文集なんて書かされた記憶が。
同郷の仲間と行く出稼ぎは、なんだか修学旅行の長期版のような感じでなかなか楽しそう。
撮影から30年以上たって、この作品に登場した方とその奥様にインタビューしたら、どちら
も「出稼ぎは楽しかった」と。生活のために仕方なく行くという悲壮感はなかったようだ。
お父さんがいなくて寂しい思いをしたのは子どもくらいか。
by akanezumi1984 | 2011-10-06 23:17 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31