思い立って朝日へ(9/27-28日暮沢~竜門~大朝日~日暮沢)

9/27朝、前日月山に行って満足していたのだが、天気がよくてもったいないなぁ、どこかに
行こうか?と思いながらもFBにかまけていたら、あっという間に9時過ぎに。
蔵王や山形神室あたりも思い浮かべてみたが、まだ紅葉してなさそうだしな、と方針決まらず
時間だけが過ぎ行く。
天気予報を見ると二日間よさそうなので、こうなったら泊まりでか、日暮沢から竜門までなら
昼から歩いても間に合うぞ・・・と、やおら準備を始めた。そういや大朝日ピストンとか、以東の
小屋番とかで朝日には行ったが、竜門はここ3年くらい行ってなかったのだ。
しかし、日ごろから整理が悪く、あれはどこだ、これが足りないで時間が過ぎ、ガス買ったり電
池買ったりして登山口着いたのが1時過ぎた。まぁ、ぎりぎり間に合うか。
1時20分スタート。
f0118332_17125263.jpg

f0118332_17353752.jpg

f0118332_1657675.jpg
f0118332_16571567.jpg

5時過ぎに竜門小屋に到着。せめて12時に歩きだしたかったのに、ぎりぎりになってしまった
ので、なんとなく気がせいてのんびりできなかった。反省・・・
途中すれ違った男性が「団体が泊まるみたいだから、一泊の予定だったけどやめた」と言って
いたが、まさかこの時期の平日にそう混むことはあるまい?と思ったら、1つのグループで20
人以上の団体さんがござった。うへー。でも案内している方が全員を二階に一まとめにしてく
れていたので、一階は個人客だけでまったりとできた。
ま、朝の3時半頃から団体さんたち賑やかで寝てられなかったけれど、みなさん出かけてから
のんびりまったり。
f0118332_173482.jpg

日が短くなり、5時ではまだライトが必要です。行ってらっしゃい、お気をつけて!とお見送り。
残った個人客は、おいらのほかには竜門二泊の単独男性と、二人組の男性だけ。単独男性
は日暮沢に下山だが、おいらが前日登った最短コースを下り、おいらは大朝日周回ルートな
のでここでお別れ。二人組さんは同じコースを行くが、大朝日小屋にもう一泊するからと、の
んびりなので、この日は大朝日に着くまでは誰ともすれ違わずに山を独り占め。
f0118332_1784218.jpg
f0118332_17924.jpg

団体さんが出かけてすっかり静かになった山小屋でご来光堪能し、ゆっくりと朝ごはん食べ、
のんびりした山行を楽しむ方たちのお話をぽつぽつ聞いて、いい時間。
お一人は津波で自宅を失ったが、ボランティアに来る方たちのコーディネートするボランティア
をされているとのこと。今年初めて山に来たそうだ。
f0118332_1712860.jpg

ゆっくりなみなさんにつられてのんびりし過ぎて7時近くになってスタート。でも、今日は時間に
追われないのだ。写真撮り撮り、つまみ食いしながらぶらぶらと。
f0118332_1716641.jpg
f0118332_17162766.jpg
f0118332_17163638.jpg

9時過ぎるころまで、日陰には霜が残っていた。足元にも霜柱が。
しかし、お日様パワーで暖かく、薄いメッシュの長袖プラス半そでTシャツで快適に歩ける。
f0118332_1718216.jpg
f0118332_17182889.jpg

ガンコウラン、コケモモ、クロウスゴなどたまにつまみながら。アカモノはいまいち。
f0118332_17195439.jpg

ずっとおらいの月山と小さく鳥海山がきれいに見えていて嬉しくなる。
f0118332_17204890.jpg

やっと大朝日が見えた来た。
f0118332_1722387.jpg

誰もいない。暑くもなく寒くもなく、きらきらと光る草の波や雄大な山並みを眺めながら歩ける
幸せ。仕事がなくて貧乏だけど、お金がたくさんあって時間がぜんぜんないよりいいかな、と
思ってしまう瞬間だ。
f0118332_17271598.jpg

大朝日付近はまだタカネマツムシソウが咲いていた。
大朝日小屋に着くと、長靴が干してあって人の気配がするが、管理人さんはお出かけのよう
だった。100円入れてトイレだけ借りて、空身で山頂へ。
f0118332_17263861.jpg

f0118332_17313581.jpg

f0118332_17264784.jpg

飯豊と吾妻の間に磐梯山もひょっこり見えていた。とんがりは祝瓶。まだ大玉山から祝瓶の
ルートは歩いたことがない。いつか縦走したいものだ。
竜門を出てから誰にも会わなかったが、小屋前に下ってお茶飲んでいると、古寺からピス
トンの方が何組かやってきた。
f0118332_17322628.jpg

銀玉水で水を飲んでいると、大朝日の小屋番さんが見回りから戻っていらしたのでしばらく
立ち話。あちこちハイマツに立ち入り禁止の黄色いテープが巻かれていて変に思っていた
のだが、マツクロノホシハバチの幼虫に食害されていてるのだそうだ。んー、もっとよく見て
来るのだったなぁ。
f0118332_17332345.jpg

f0118332_1736236.jpg

f0118332_17392459.jpg

何年か前にハナヌキ峰からの下りで膝をおかしくしたので、今回は大朝日あたりから既に膝に
疲労感がたまっていたため、少しばかり下りに不安を感じていたが、まぁ痛苦しい感じはあった
ものの炎症は起さず下れた。ほえー、よかった。
しかし、人間都合の悪いことは忘れるもので、このコースは最後に林道歩きがけっこうあるんだ
った・・・と、最後にがっくり。前にここを歩いたときは相棒と話しながらだったからあっという間に
着いた印象なのだった。
でも、一日のんびりと山に浸れて楽しかった。無理やり行ってよかった・・・

★小屋にいた団体さん、なんと7月に知り合いのガイドさんのお手伝いで鳥海山、月山、蔵王を
ご一緒した広島のツアーで、何人もその時ごいっしょした方がいてびっくりした。大半の方がここ
のツアーの常連さんなのでしょう。
Commented by 笹だんご at 2011-09-30 20:05 x
あ~ぁ、美しい夕日と朝日!!
29日の朝は雲ひとつないスッキリとした山が見えました。
私の所からは飯豊が遠くに見えるのですが、あかねずみさんは朝日で、この秋一番のお天気の中ご来光を眺めてるだろうなって思ってました。
28日も良いお天気でしたし、最高の2日間でしたね。
Commented by akanezumi1984 at 2011-09-30 20:14
笹だんごさん、山の上から新潟の村上市の街灯りが見えました。
夜、満点の星空が見事でした。ほかの方が「天の川見たの、いったい何年ぶりかわからない」と感動していましたねー。
流れ星も見られました。
出かける時間がどんどん遅れ、車に泊まって翌朝早くに日帰りでという考えもちらと浮かびましたが、夕日と朝日が見たい一心で午後から登りました。
夜更かしして朝ぐずぐずとパソコンの前に座って無駄に過ごしがちですが、やはり天気のよい日は出かけるべきですね。
Commented by きく at 2011-10-01 21:57 x
あな、ええ山やあ。
そろそろ朝日の季節なのになあ。
秋の龍門もいいのになあ。
1枚目のブナに会いに行かないと。
by akanezumi1984 | 2011-09-30 17:03 | ほかの山 | Comments(3)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31