突然の訪問者・キビタキ(メス)

f0118332_1144626.jpg

今朝、ベランダで小さな衝突音が聞こえてふと見ると、チョウゲンボウが反転して飛び去る
ところだった。さらに視界の下の方になにか小さいものが落ちるのが見えた。
急ぎベランダに出てみると、今年生まれと思われるキビタキのメスがうずくまっていた。
そっと捕まえてみると、少し暴れるが目がまわっている感じ。衝突音がしていたので、逃げる
のに必死で一度ガラスに衝突して跳ね返って落ちたのだろう。軽い脳震盪ならじきに元気に
なるかなと、一度はそのまま下に置いたが、まだ寒くてそのままでは弱りそうなので、濡れ
タオルをレンジでチンして袋に入れ、小箱に敷いてキビタキを入れて上からタオルをかけて
やった。
しばらくして一度様子を見たら、だいぶしゃんとしてきていたので、もうちょっとしたら近くの公園
に放しに行こうかなと思っていたのだが、着替えたりなんだりしていたら、いつの間にかいなく
なっていた。元気になってタオルの隙間から飛び立っていったのだろう。
元気になってよかった、よかった。

最近は朝晩の冷え込みが強い。あの小さな体で寒さに耐え、捕食者の攻撃をかいくぐり、
これから危険な海上を渡らなければいけない。
過酷な渡りを毎年二度もクリアしなければいけないのだ。そう思うと、渡りの時期に一羽ではぐ
れている子を見ると、毎度泣きそうになる。
Commented by おばさい at 2011-09-27 20:37 x
レンジでチン、キビタキじゃなくてタオルだったんですね。ああ、よかった。あの小さな体での渡りはまさに命がけなんでしょうね。家のわんこは何とか夏を乗り切りました。
Commented by akanezumi1984 at 2011-09-27 22:43
おばさいさん、そういえば昔アメリカで濡れた子犬をレンジで乾かそうとした人が実際にいたらしいですね。
チョウゲンボウは朝ごはんを逃したわけですが、キビタキが助かってつい喜んでしまいました。
今年の夏は暑かったですねぇ。おかげで月山の雪渓もだいぶちびていました。まぁここまでくれば、新雪積もるまでもちこたえると思いますが。
by akanezumi1984 | 2011-09-26 11:53 | 生き物 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31