鳥海山Sea to Summit 2011

毎週末に東松島に集まってボランティアしているアウトドア義援隊の仲間は仲良し。
完全に自由な寄せ集めのメンバーだけれど、そもそもの始まりはモンベルさん。ボラに来て
くれるモンベル社員さんも少なくないので、みんなで出ようよー!ということになり、この週末
だけボラは休んで鳥海山に集合!

Sea to Summit→海から山のてっぺんまで

西浜をカヤックで4km(内湾を二周)、すぐ近くの自転車スタート地点(海抜ゼロ)から自転車
で21km先の鉾立まで(標高1150m)さらにハイクで山頂大物忌神社(標高2160m)まで。
これをシングルの人は一人で全部!
チーム参加の場合は最大5名で、全員で全部やってもよいし、チーム内で交代しながらやって
もよい。
カヤックとハイクは途中交代できないが、自転車は中間地点の駒止でだけ交代できる。
おいらは「やればできる子」チーム(5人)でハイクだけの参加
f0118332_22395093.jpg
f0118332_22395974.jpg

土曜午後受付で、開会式までの時間にカヤック組立てて、ちょびっと練習。午後から曇りの予報
ながら降り続ける雨。フレームの組立てに夢中になっている時に、カバーにハサミを入れる冗談
をしにきたのは、M社某支店の支店長・・・
f0118332_2241433.jpg

カヤック組が練習に出発。わがチームの二人は息ぴったりで外野から「つきあっちゃえばいいのに」
という勝手な発言が(笑)義援隊の他チームはパドルワークばらっばらであったが、まぁ本番に強い
人たちだからだいじょぶだべー。
f0118332_22421773.jpg

受付本部の隣に寄せ書きコーナー。みんなでカキカキ。
f0118332_22424697.jpg

開会式前のわずかな時間、広場にたくさん出ている出店をのぞきに行ったら一軒目ががっつり好み。
いろいろな生き物の木製小物がずらり。特にこのオオサンショウウオがすごく気に入ったのだが予算
がありません・・・小さいのは1500円で手が出る値段だが、顔が違う。

開会式の後、前夜祭ライブ、歓迎レセプションが19時までとなっていたが、それから買出し行って夕食、
入浴となると遅いので、残念だがEPOさんのコンサートは聞かずに退出。
夕方雨が上がり、夜にはきれいな星空になった。
f0118332_22473888.jpg

日曜は5時集合。カヤックが5時半スタート。まずはみんな(義援隊だけ)でラジオ体操。
息ぴったりで不安要素全くなしのわがチームのタンデムカヤックは、同時出発の艇の中で一番に
漕ぎ出し、そのままトップでゴール。自転車につないだ。
f0118332_2252117.jpg

自転車のSさんもかっこよく出走。彼はもともと自転車乗りで自転車も装備も完璧。鉾立まで安心
してお任せ・・・の予定だったのだが、ドリンクの受け渡しのために中間点で、唯一自転車の人が
交代できる駒止に向かう途中、かなり下の方で、だいぶ遅れてスタートかつ自転車不慣れな仲間
がへたばっているすぐ先で同じようにへたばっているのを発見。えええーっ、大丈夫なの??
自転車大好きでレースにも出ているはずだが、そういやヒルクライムはやってないから遅いかも
とは言っていたが、素人と同じペースというのは体調悪い??
わがチームの一員南極さんは、今年4ヶ所あるSea to Summitに全部参加しようというスポーツ
ウーマン。Sさんに不安を抱いた彼女は今回はカヤックと登山だけのはずだったのに、急きょ自転車
の後半部分を自分が走ると言い出した。でもそれはSさんの体調とやる気次第だが・・・
f0118332_22582166.jpg

次々と通過する仲間を応援していたら、ふと近くにいなかフェのコロナがいるのに気づいた。しかも
パンダに撫でられてる!
結局、Sさんはあっさり南極さんの申し入れを受けて途中交代。南極さん今回は自転車乗らないつ
もりでサンダルと登山靴しか持ってきてないので、急きょおいらのスニーカー、Sさんのヘルメットと
自転車を借りてGo! 後半の厳しい登りを走りきった。すごいよ南極さん。
鉾立到着の直後はさすがに疲れて、登山はやめると言った南極さんだが、着替えたりしているうち
にまた元気になってしまい、結局いっしょに登ることに。義援隊のほかのチームもなんとなくまとま
って大勢で賑やかに出発。なんとなくおいらが先導。
下界は晴れていたけれど、途中から雲の中に突入し、濃霧と強風。
f0118332_2344728.jpg

登山に不慣れな人もいるが、御浜、七五三掛、山頂神社で足きりタイムが設定されているため、
早めのペースで行かなくてはならず、何人かはかなりへろへろに。でも、みんな必死についてきて
くれた。
f0118332_23161376.jpg

義援隊の別チームに参加のNさんの奥さんがSさんの代わりにいっしょにハイク。やればできる子
チーム5人として記念撮影。もう足が上がらない、と言いながらもがんばってくれたHさん、Nさん、
ほんとによくがんばりました。みんな「やればできた!」
山小屋に入ると、先着の仲間がわさわさと。賑やかに昼食食べてゆっくり休んでから、みんなで
下山。
御浜についたところで、震災から6ヶ月なので皆で黙祷。そういえば911でもあったね。
f0118332_2320642.jpg

御浜から下は晴れていた。きらきらと輝く草の波。オレンジに光る海。きれいだねーとみな感動しきり。
古傷痛みだして御浜でリタイヤした、おとーちゃんことKさんも合流してゆっくりと下山。
f0118332_23215398.jpg

閉会式ではシングル上位者の表彰のあと、お楽しみの抽選会。
義援隊の各チームは、目玉商品のカヤックよりも実用的なツールボックスと脚立にどよめき、脚立
コールで盛り上がる。いくつかあった脚立の一つがやっと当たり、もう大喜び。当然、東名に置いて
壁壊しなどに活用するのである。
脚立でここまで盛り上がる人たちって・・・(笑)

モンベルの会長も山頂まで登っていました。社長なんてシングルの選手として参加しているし、さす
がアウトドアの会社です。会長、社長、大会運営スタッフで来ている部長さんやら課長さんやら、
みなさん天童でアウトドア義援隊が活動していたときにいっしょに活動したので顔なじみ。そんなこと
もあって、久しぶりに会えた方だらけで楽しい二日間だった。
Commented by にんじん at 2011-09-13 02:01 x
たっのしそう~。写真の中から、おひさしぶりのあかねずみさん。
脚立で盛り上がった興奮というか、臨場感、伝わりましたよ。
Commented by akanezumi1984 at 2011-09-13 08:29
にんじんさん、脚立が登場するや義援隊仲間から湧き上がった「きゃーたーつー、きゃーたーつー」のコール!一番盛り上がっていたような。
それまでみんな眠くてくらくらしてたんですけどね(笑)
Commented by みかん at 2011-09-14 14:48 x
お久しぶりです。
とても充実した時間だったことが伝わってきました。
すごく体力いるコースだと思いますが、チームであると何だか
乗り越えちゃえるんでしょうね。
一息ついて、再びボランティアがんばってください。
Commented by akanezumi1984 at 2011-09-14 21:17
みかんさん、よくきてけだねー(笑)
前にイシさんと御浜ぐるっとまわって楽しかったよね。
日曜に動き始めたらあれよあれよという感じだったけれど、土曜はぐだぐだのずるずるでひどかった(笑)でも、まぁ、そこがまた寄せ集めの仲間らしいけど。山だけ参加の人はそんなにきつくないけれど、自転車もやってそのまま山も登る人は大変だったと思う。シングルで参加の人は鉄人です。
Commented by ファーマー佐藤 at 2011-09-16 13:22 x
 こんにちは。

 ナ~ンだ、あかねずみさんも参加されていたんですか。
私も飛び入りで自転車+ハイクをしてきました。ハイクでは走行禁止
だったそうですが、もし走っている人を見かけたとしたら私です。(^^;

 自転車では、半数位出走した頃にスタートして、非公式2位でゴール。
ハイクも非公式2位でした。(笑)

 こういうイベントは初めてですが、歩きながら何人かと話が出来て
楽しかったです。来年はカヌーを借りて正式に参加しようかと思っています。
Commented by akanezumi1984 at 2011-09-16 19:31
ファーマー佐藤さん、飛び入り参加!(笑)
うーん、気づきませんでした。どこかですれ違っていたのでしょうか?こちらは賑やかな団体でしたよ。毎週末ボランティアで集まっている仲間(大阪、東京、山形の混成)で4つもチーム作って、登山の部はみんなそろうまで待って大勢で歩いていました。
チーム参加でも参加費9000円もするので、最初は応援とかエイドをするからと逃げていたのですが、結局みんなで出ようの声に負けました。でもおもしろかったです。
天童の倉庫でアウトドア義援隊の活動(全国から支援物資受付・仕分け・被災地への搬送)していたとき、会長、社長、広報部長に課長にいたらしていたので、今回は運営スタッフにも参加者にも顔見知りの社員さんがたくさんいて、久しぶりの再開にもわいわい。
シングル4位のHさんや、仲間の応援したのも楽しかったです。
来年はぜひシングルで出て入賞してください。
やっぱり自転車苦手という方多かったです。普段乗ってないわけではないけれどヒルクライムはしていない方多し。
おいらは出るとしても自転車は絶対やらないので、ファーマー佐藤さんが走ってるとき駒止で応援しますよー。
Commented by ファーマー佐藤 at 2011-09-16 19:57 x
 そういえば、下りの御浜手前で義援少女隊と遭遇しました。
鳥海山で若い女性グループを見ることは稀なので「オオオッ!!」と
思いましたが。あの中にあかねずみさんもおられたんでしょうか。

「こんにちは~」

とは声がけしましたが、小走りだったので止まれませんでした。(~~

 モンベル社員でソロ部門トップクラスの青年から参加人数を聞いたんですが、
聞き違えだったんですね。23人もいるなら益々燃えます。(笑)

>やっぱり自転車苦手という方多かったです

 やはりそうだったんですか。皆さん異常に遅いことに驚いたんですが、
それなら勝機アリですね。(^^v

 さらに、あかねずみさんが応援してくれたら俄然張り切っちゃう!。
Commented by akanezumi1984 at 2011-09-16 20:09
ファーマー佐藤さん、我がチームは年代ばらばらの男性大勢にちょうどいい年頃の美女2名と19歳なりたて女子大生一人、昔美女が2人混じってましたが(笑)女性だけのモンベル社員チーム(KOHO Girls)はなかなかのタイムでかつ、美女ぞろいでした。やっぱりアウトドアの会社だけあって、社員さんたちは実力者ぞろいです。
うちのチームの社員女性は、当初カヤックと登山だけのはずでしたが、自転車担当の人の調子が悪くてその場で後半を交代することになりましたが、その時初めてまたがった自転車でしっかり走りきってくれました。
Commented by akanezumi1984 at 2011-09-16 20:44
ファーマー佐藤さん、ちょいと不適切?(笑)な表現があったので、申し訳ありませんがコメントひとつ消してしまいました。ごめんなすって。
性別や出身地などはこのブログ上ではあいまいにしておきたいので、ご了承くださいまし。
Commented by ファーマー佐藤 at 2011-09-16 21:22 x
 あ、そういえば、そうでしたね。失礼致しました。(^^;
Commented by akanezumi1984 at 2011-09-16 21:32
すいませんねー。どうでもよいちゃよいのですが、性別関係なく話したりつきあったりしたいものでして。
by akanezumi1984 | 2011-09-12 22:41 | ほかの山 | Comments(11)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー