東松島ボランティア8/27-29

今回も行き帰りに仙台駅への送迎頼まれ、大阪からと東京からの仲間を乗せて東松島へGO!
大阪からはるばる来てくれたのは、2年前から大阪にある国連事務所にお勤めのスペイン女性。
日本語も少しできますが、会話はほとんど英語。東京からしょっちゅう来てくれている仲間が英語
話せるのでたのもしかった。
ひさしぶりの英語、思ったよりは話せたけれど、なにもしてないからなにしろ単語が出てこなくて
困った・・・忘れたのあり、もともと知らないのもっとあり。
土日だけのつもりが、この二人が休暇とってて月曜も作業したいというのに、車持ちで長期滞在
のKさんをあてにしていたら急用で日曜夜に帰ることとなり、かれらの足がなくなるため、おいらが
延泊することに。着替え一泊分しか準備していなかったけれど、ま、山と思えば・・・(笑)
f0118332_1151424.jpg

介護施設の草刈り、草むしり。直前に腰痛発生で、前半おいらは刈払い機を使わせてもらった。
立ち姿勢での作業だから、機械の方が楽。手がしびれるけど・・・
f0118332_1152093.jpg
f0118332_1152722.jpg

ゆがんだり、折れて落ち込んだりしていて苦戦した床板はがし。
f0118332_1154499.jpg

田んぼの車や瓦礫が撤去され、見違えるようにきれいになったけれど、この列車の時間はずっと
止まったまま。
f0118332_1155183.jpg
f0118332_116223.jpg
f0118332_116875.jpg

日曜午前中は、宮戸小でのデュオ・ケーナルパのコンサートのお手伝い。午後から個人宅の床板
はがし現場で廃材や断熱材運搬。
f0118332_1162417.jpg

月曜はおいらと東京からの常連で通称おかりな、今回初参加の大阪在住スペイン人の方と三人
だけで個人宅のお手伝い。裏庭の土の山を前庭に移動・・・通路に足場が組まれてネコ車が使え
ないため、ずっしり重いバケツで何度も何度も往復。この後、一帯の草刈をしてめちゃくちゃすっきり
に。
by akanezumi1984 | 2011-08-30 01:21 | ボランティア | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー