大物に会えました

晴れそうなのと、志津で朝7時からイベントがあるため少し早起き。
f0118332_2391449.jpg

弓張の池をチェックするとモリアオはまだですが、道路反対側の小さい池にはクロサンが
産卵していました。
f0118332_23102876.jpg

ここ数日気温が低かったので、モリアオは今日はないな、と思ったけれど、声だけはしました。
彼らももうじき産卵するかな。
クロサンにひっかかってるうちに7時を過ぎ、志津に着くともう大わらじが練り歩いていました。

f0118332_23131139.jpg

志津という集落ができて400年!の記念に3.5mの大わらじが作られ、湯殿山神社に奉納され
ます。
f0118332_23153325.jpg

快晴なので山頂まで行きたい気もするけれど、姥沢の駐車場代千円が出せない。明日のことも
考えて博物園から装束場までの往復(下りは周海沼経由)にすることに。
f0118332_23172330.jpg

まだ博物園から装束場まではほとんど全面的に雪ですが、何箇所か沢があいています。春木戸
の橋がちょっと渡りにくかったですが、山スコ持参なのでちょいと雪を削ってクリア。
f0118332_23191452.jpg

雪解け真っ先に咲くショウジョウバカマ。
f0118332_23194028.jpg

天然物エノキタケがありました。春も出るんだねー。
f0118332_23201485.jpg

雪の上に大量に落ちているブナの雄花は豊作を期待させる。時々既にイガイガになった実も
落ちている。
f0118332_23214098.jpg

クマいないかなーと斜面を探していたら、イヌワシ登場。うーん、もっと登ってから出てくれた
方が近くで見られるのに・・・この後出なかった。
f0118332_2323947.jpg

ここで、ちびうさ1号奉納。
あまりに天気がよくて、姥ヶ岳まで登って周回したい気持ちと、あまりに気持ちよくてぼーと
したい気持ちとが入り乱れ・・・今回はのんびり楽しむことに決定。ゆっくり、のんびり足を
止めてイヌワシチェックしながら、ところどころでぼーっとしながら進む。
f0118332_23271095.jpg

このへんまでは風もなくぽかぽかで、ほんとにぼーと呆けたようになる気分のよさ。
f0118332_23275291.jpg

装束場でちびうさ2号。シーフードヌードルとリンゴの昼食。
姥山頂に人影が見える。向こうからもこっちがわかるかな?
f0118332_2329121.jpg

近くに来るけどなかなか撮れないキビタキに何度も挑戦していたら・・・
f0118332_2329492.jpg

クマいたっ!しかも大物っ!だが、残念なことにもうブッシュに入る寸前だよー。もったいない。

こちらには全く気づかない様子でゆったり歩いているのだが、すぐに見えなくなりそうだったの
で、なんとか見える角度がないかと動いて画面が揺れてます。
もっと早くから気づきたかった、不覚。
でも、少しでも見られて嬉しいけどね。
f0118332_2332047.jpg
f0118332_23321276.jpg

ちょっとの間に雪がずいぶんとけ、木々の花が咲き始めていた。稜線の高山植物もじきに
咲き始めるだろう。そして、モリアオガエルやヒキガエル、タゴガエルの産卵も楽しみである。
Commented by 夜行性 at 2011-06-01 01:52 x
うわっ、羨ましい。
距離にしてどれくらいでしたか?

のそのそ感が映像でわかっていいですね。
Commented by taro at 2011-06-01 16:18 x
熊すげー!いつかは自分も遭遇するのだろうか。写真と映像で、かなりドキドキしました。
Commented by akanezumi1984 at 2011-06-01 21:43
夜行性さん、距離は50mくらい?720mmまで望遠がきくコンデジで
ノートリ。イヌワシとキビタキの写真は少しトリミングしてます。
すぐ近くにいるキビタキはトリミングが必要で、遠くのクマがノートリで
このでかさ。やっぱりクマはでっかい(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2011-06-01 21:45
taroさん未遭遇?意外ですね。トレラン中にばったりは要注意ですよ。
クライマーの山野井さんがそれで150針縫う怪我しましたからね。
Commented by えすてぃ at 2011-06-02 05:46 x
残雪の山のイヌワシ!
いいな〜
Commented by akanezumi1984 at 2011-06-02 07:55
えすてぃさん、でもめちゃ遠いんですよー。
ここでは時々斜面沿い低く飛んで探餌してます。
by akanezumi1984 | 2011-05-31 23:33 | おらいの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31