急展開

モンベル会長が現地に入り、現在は道路状況が悪いのに交通量が増え、渋滞につかまって早朝に出ても帰りが8時過ぎてしまい、天童から被災地に日帰りで行くのは効率が悪く、現地のニーズも変わってきていることから、物資の受付は8日で打ち切り、この拠点も近々閉めると決断されました。
援助金の募集は続きます。
もっと被災地に近い場所から動けるよう変わります。
また詳しいことがわかったらお知らせします。
まだ今週はやってますので、よろしくお願いします。
Commented at 2011-04-06 19:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akanezumi1984 at 2011-04-07 00:02
沢Dayさん、明日聞いてみます。
Commented by 沢Day at 2011-04-07 19:18 x
すみせん、非公開は誤りでした。
よろしくおねがいします。
Commented by akanezumi1984 at 2011-04-08 14:38
沢Dayさん、現地の状況も刻々と変わり、水道が復旧してきたようで、
水タンクはもうあまり必要がなくなってきたそうです。
ただ、地域によってはまだまだ全てのものが必要とされるところがあり
ますので、陸前高田とか岩手沿岸の被害が大きかったエリアをサポー
トしている団体に問い合わせてみてください。
Commented by 沢Day at 2011-04-08 14:47 x
昨晩の余震はこちらでも大きかったです。秋田は今ごこ2時電気が回復しました。水タンクの件了解いたしました。
Commented by akanezumi1984 at 2011-04-08 15:41
沢Dayさん、大きな避難所はわりと物資が行き届いていますが、個人
で自宅二階で生活されている方も多く、まだまだ物が必要な方もいる
ようですが、これからは物より人手がより必要とされると思います。
家の中にはとてつもない量のゴミや汚泥があり、一人二人ではどうにも
なりません。重さ100kgもあろうかという魚網があったり、流し台が畳の下に転がっていたり、水を吸い泥まみれで重い布団が何枚も積み
重なり、ヘドロのような臭いねっとりした汚泥が堆積しています。
玄関をふさぐ車や、道路をふさぐ船など、個人では太刀打ちできない
重量と質量なので、現地にたくさんある支援団体などを調べ、いつどこ
に行けばよいか調整して、一日でも二日でも片付け作業を手伝える
人は行ってみてはどうかと思います。
山の人は体力があるし、装備もばっちりで強力な戦力になります。
いたましくない古いカッパ上下、長靴、ゴムの作業手袋、角スコ、マス
ク、タオル、汚れたカッパと手袋、長靴を入れる大きな袋など持って
行くとよいです。
by akanezumi1984 | 2011-04-06 11:36 | ボランティア | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984