一時帰宅

天童のアウトドア義援隊本部には、モンベルのスタッフの方が常時数人と、地元ボランティア、
遠方からのボランティアの方たちで15~20人くらいが泊まっている。数日で人が少しずつ
入れ替わっていくが、開設当初から食事を切り盛りされてきたYさんは途中一泊ずつ二回帰宅
しただけ。
こういうのは地元民でサポートしなくては、と首をつっこんだら見事泥沼にはまりました(笑)
大変なのがわかればわかるほど、帰りにくくなるわけで。
でも、いろいろ家から持って行きたい物があったり、洗濯したかったりで、一時帰宅。

Yさんは早寝早起きで、朝は4時半頃から活動が始まり、かちゃかちゃと鍋を洗う音がしたり
するので、うおーっと跳ね起きてしまう。でも、おいらは寝る時間があまり早くないので、ちと
寝不足気味。でも、被災地近くの拠点で活動しているボランティアさんたちは早朝から夜遅く
までみんな働いているらしいので、がんばらねば。てか、寝られるときはもう少し早く眠れる
んだのに、おいらは要領悪いだけだが・・・

天童はだいたい20人前後くらいの分を作るだけなのに、普段せいぜいマックス5人分くらい
しか作ったことがないので、どうにも分量の加減がわからんにゃー。
少なすぎたり、多すぎたり。やりながら慣れるしかない、っつか、もう二日もやって言うなってか!
昼は日帰りボランティアでいらっしゃる主婦の方がつよーい見方。おいらがどうしよう、どうし
ようと騒いでいると、一緒に材料を眺めて悩み、それっと決めて手伝ってくださり、大変に
ありがたい。

今日はおいらよりベテランのボランティアで料理も作れるF君(まだ若い)が、仕分け作業の
手すきの時間に食品棚に見つけたあずき缶とサツマイモ、餅でぜんざいを作ってくれ、
大好評。おいらはご飯のことだけで頭がいっぱいいっぱいでそこまで考える余裕がなかった
なぁ。登米の拠点なんて毎日50人分の食事をこなしているというのに、情けなや。
Commented by おばさい at 2011-03-31 12:32 x
私はたいてい分量はうまくできますよ。あまり考えずに、いざとなれば安い食材や水でのばしてしまえばいいんですから。芋子汁に豆腐入れたり、残った味噌汁にガラスープを入れてちょっと味を変えたり。ご飯さえきちんと炊けていればあまりおかずを気にしません。年だから、と言われればそのとおりですが。
Commented by 夜行性 at 2011-03-31 14:11 x
あかねずみさんらしい,頑張っていますね…(^-^)ご苦労様です.
Commented by akanezumi1984 at 2011-03-31 23:40
おばさいさん、夜行性さん、すみませんがまとめて返事で失礼します。
汁ものはさっと増量できますが、おかずは出してしまってからだと厳しいですね。今日はアクシデントもあり、こんな時間までかかってしまった。
でもなんとかなるさー。
by akanezumi1984 | 2011-03-30 23:18 | ボランティア | Comments(3)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー