感動したっ!

今日のアウトドア義援隊は、日曜とあって大勢のボランティアさんがいらしてくれたのに、物資が
朝届いたきり・・・
大勢でわっと作業するので、仕分けはすぐに終了。次はいつ来るかわからない。
しかし、ただ待っているわけではありません。
始まったばかりの時は、少ない人手で大量の物資を扱わなければならなかったそうで、今より
分け方が大雑把なので、時間のある時に仕分けし直すことに。
丁寧に分けてあるほうが、現地についたときに必要なものを取り出しやすいだろうということで、
大人の男女、子ども、ベビー、大人防寒と子ども防寒くらいだった仕分けをサイズごとに分ける
ようにした。ズボンと上着も分けるようにした。
箱に詰める際もきれいに畳んで。乱雑に詰めたものと、きれいにたたんであるのとでは開けた
時の印象がかなり違うであろう。
f0118332_20332876.jpg

天童温泉の「ほほえみの宿 滝の湯」さんでは地震の後、震災支援の人を優先に営業をして
くださっており、復旧工事の方たちがたくさん泊まっている模様。ボランティアの人にも温泉を
開放してくださり、「アウトドア義援隊」で作業した人は腕章をしていくと温泉に無料で入れてく
ださる。なんと粋なはからいでしょう! 
立派なホテルの玄関でまずは感動。
f0118332_2035554.jpg

豪奢な作りの広い広いホテルの廊下を温泉まで歩いて行く途中、この看板を見てまた感動!
格式高いホテルの廊下に、ずらりとヘルメットとカッパが並ぶところを見たかった。(お仕事の方
たちと時間帯が分けてあるので見られず)
さらに温泉に行って、その広さと、今ならではの心配りにまた感動! お仕事で長期に滞在さ
れる方たちのために温泉の洗い場に基本のシャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー
の他に、「汚れがひどい場合は、液を直接つけてもみ洗いすると落ちやすくなります」というア
ドバイスつきで洗濯用の液体洗剤がいくつも置かれていた。最小限の着替えしかない場合は、
パンツと靴下を毎日手洗いできると大変助かるものです。そんな細かいところに気がつくなんて、
なんと素晴らしい。もちろん、通常の営業の時には温泉で洗濯してはいけませんが、今は非常
時なのです。
帰る時、フロントでお礼を言ってから帰ろうとするところに、ちょうど女将さんが登場。皆でお礼を
言うと、実は宿でも地震の被害があり、温泉も少し濁りが生じて(全然気になりませんでしたが)
しまったので、4/1~4/8まで大浴場が工事で使えなくなり申し訳ありませんと・・・いえいえそん
な、一度入れただけでもありがたいことですのに。
女将さんの美しさと上品で優しい物腰にうっとり見とれ、またまた感動してしまった。
玄関を出てから、思わず「やっぱり普通の人とは違うー」と、口をついた出た。なにが違うって、
オーラが違います。

温泉で暖まった上に、なんだか心もほかほかして山形に向かって運転していると、ハクチョウ
が三羽低い位置を飛んで行きました。もうとっくに北に帰ったと思っていたら、まだいたんだね。
Commented by morino at 2011-03-27 21:32 x
毎日ご苦労様です。
ボランティアの方々やそれを支える女将さんのような方々が沢山いるかと思うと涙が出るほど嬉しくなります。
少し落ち着いたら自分でできることから始めたいと思っています。
Commented by akanezumi1984 at 2011-03-27 23:00
morinoさん、最前線で獅子奮迅の働きをする方もいれば、後方支援
で物資の受付をしたり、仕分けをする人、自分の商売を通じて応援して
くださる人(昨日は近くの飲食店の方からボランティアの人用に空揚の
差し入れがありました)など、いろいろな形があると思います。
自宅で省エネ生活をすることや、余計な買いだめをしないことだって
立派に協力していることになると思います。
morinoさんも被災された側ですから、まずはご自宅の片付けや修理
など大変でしょう。
まだまだばかげた行列や、品不足が続いていますが、少しずつ少しず
つ普通の生活に戻っていくはずなんですよね。
早く福島の野菜も市場に戻りますように。
ほうれんそう買って食べて支援するぞ!
Commented by おばさい at 2011-03-27 23:12 x
洗濯のことまで考えてくれているのはとてもありがたいですね。旅をしたことがある人でなければ気がつかないのではないかと思います。支援するのも長期化すると思いますので、時々休みながらやることが大きな成果をもたらすことになるのではないでしょうか。
Commented by akanezumi1984 at 2011-03-27 23:44
おばさいさん、なんだかほろっとするくらいに感動した心配りでした。
被災地の役場の方、消防、警察の方たちは本人も被災し、家や家族を
失った方もいてもほとんど休まず激務をこなされているのではないかと
思います。こんな素晴らしい温泉で少しでも休んでもらえたらと思いま
すねぇ。
Commented by えすてぃ at 2011-03-28 04:50 x
ボランティア、ご苦労様です。
少しずつ明るい話題も増えてきたと感じています。
一歩一歩、明るい明日になるよう此方では祈るしかないです。
疲れ出ないように、頑張って下さい。
Commented by akanezumi1984 at 2011-03-28 08:03
えすてぃさん、天童は時間区切って仕事してますので、大丈夫ですよ。
おやつ休憩もあるし(笑)・・・これ大事。
登米は寒さが厳しいようですが、被災者の方といっしょではないので
よいようです。阪神の時はボランティアと被災者の方が避難所でいっし
ょに暮らしていたため、一日中なにかかにか訴えにいらっしゃる被災者
の方が絶えず大変だったそうな。わかる気がしますねー。病院に泊まる
と夜中もひっきりなしにナースコールありますから。
本当はまだまだたくさんの物資が欲しい。疲れ果てるくらいに届いてほ
しいと思うのが本音です。
by akanezumi1984 | 2011-03-27 20:33 | ボランティア | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984