修行の道は険しい(笑)

友人のリクエストで、山に行く前に焼き菓子しょかんさんへ。
f0118332_21583265.jpg
f0118332_21584359.jpg

年に一回行くか行かないかで、大変わかりにくい狭い通りにあるので、毎度道に迷う。
小さいけれど素材にこだわったおいしいお菓子が、とても品よく並べてあります。
買ったばかりのシフォンケーキをぱくつきながら山へ。
PPでカップ麺を食べ、少しのんびりしてから志津Pへ。すでに1時。こんな時間に出かける
人は他にいないだろうと思ったら、キャット午後便で出かけるスキーグループが。Tやさん
館主ガイドで出かけるところだが、同じグループの方に一人だけスノーシューの方がいて、
その場で急に「いっしょに連れて行ってもらえないか」と頼まれ、帰りに温泉に入れてもら
う約束をとりつけ快諾(笑)
f0118332_2203882.jpg

雪がちらつくが落ち着いた天気。でも青空ではないので、やっぱり森歩きだなぁということ
で周海沼までのコースにした。
急きょ同行することになった方は東京から初めていらしたそうだが、Tやさんの雪洞泊プ
ランで一昨日はキャットで標高1000mくらいのところまで行き、雪洞お泊りしたそうな。
いいなぁー。
f0118332_22223258.jpg

大トチのばあさんがこんなに埋もれて、簡単に登れそう。
f0118332_22225871.jpg

地上高5mにある穴が上から覗けてしまいます。内部は空洞でかなり深く、垂直の壁なので
落ちたら大変。
f0118332_22253343.jpg

じいさんには冷凍ナメコが・・・これナメコですか?と東京の客人びっくり。滋賀の友人もそういえ
ば初めて天然ナメコを見たとき、驚いていた。色の薄い、小さな開かないナメコしか知らないか
らね。
f0118332_22272283.jpg

周海沼に向かうと、野鳥観察小屋に昨日の相棒の作品が。それにしてもこの小屋の埋もれ具合。
今年は雪が多いね。
f0118332_22283384.jpg

たまたま同じ名前だった、今日初対面の二人も意気投合。
f0118332_22291247.jpg
f0118332_22292027.jpg

今日もほころびて花が見えているブナ発見。
f0118332_22295711.jpg

標識下のうさだるまは、少し雪をかぶっただけで原型をとどめていたため、補修よりも新作を
追加しよう(時間も既に4時20分)ということで、二人に一うさずつ作るよう言い渡したが・・・
今日は上のふわふわを10cm~15cm払い、下から握るとぎゅぎゅっと音がする層がよい
雪。そこを使ってまーるくまーるく。と、東京のaさんはなかなか筋がよく、クリア。しかし、
ほれほれここのこの雪を使いなさいと雪を選んで渡しても、滋賀の友人はうまくゆかない。
全部は無理というので、頭と尻尾係に任命。筋のよいaさんには胴体と耳二つを作って
もらい、三人で二体完成。
f0118332_22471328.jpg

滋賀の友人にはまだまだ修行が必要・・・また来てね(笑)
さて、明日は下界で行きたいところがあるため山はお休み。山に行く方は、うさ補修または
増殖にご協力いただければ幸いです。
Commented by ゆづ at 2011-02-13 20:46 x
器屋さんのようなお店ですね。素敵!
私も天然のなめこは見たことがないです。見分け方もわかりません・・・
Commented by akanezumi1984 at 2011-02-13 21:29
ゆづさん、このお店は見た目も素敵ですが、味もすばらしいですよ。
なめこは、キノコの中では一番わかりやすい部類です。なにしろ、ぬめ
りがすごいですから。天然ナメコの画像を検索して見ていれば、本物
に出会ったときわかると思いますよ。
Commented by てら at 2011-02-14 20:10 x
かわいいお菓子屋さんっ。
またまたごぶさたしております。
月末にはPC新調するので、またしばしばあそびにきます^^

なめこが冬になっても存在しているのが不思議。。
枯れたり消えたりしないのかな?
消えるまえに速攻で凍ったのかな?
Commented by akanezumi1984 at 2011-02-14 20:36
てらさん、PC新調いいですね。しかし機械が苦手なおいらは設定とか
憂鬱になったりしますが・・・
ナメコは粘液がガードするのか冷凍に強いです。手が届かない高さに
あったのが積雪でとれるようになることも。
たまに冷凍ムキタケも見かけますが、食べられそうにない。やはりナメ
コは偉いです(笑)
by akanezumi1984 | 2011-02-12 22:45 | おらいの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30