すっかり春めいて

とめどなく雪が積もり、連日吹雪だった1月がウソのように2月になったとたんに穏やかな日々。
f0118332_23554124.jpg

雪の壁はじりじり低くなり、標識が少し遠くなりました。今日は贅沢にモデル3名の予定がRさん
欠席。とってもよい天気だったので、残念でしたね。
道路の除雪しなくなったので、雪壁に簡単に登れるようになりました。
旧六十里の橋のところから山へ。おいらはなんとなくいろいろチェックがてらNC裏尾根から
向かうことが多いが、相棒がこっつの方が絶対楽だからと西よりルートで下皮松谷地へ。
f0118332_033730.jpg

なんだか空の色が暗く撮れてしまいましたが、気持ちのいい晴れ。歩くと暑い、春みたいな
一日。山々を眺めながら昼食。
f0118332_052218.jpg

今日はほとんどの人が湯殿山に集結したようで、13人の団体さん他合計20人近くのスキー
ヤーが見られた。そのため姥ヶ岳はガラ空き(笑)一人しか発見せず。
午後から曇りの予報ははずれ、まだまだ晴れていそうなので焼山尾根を目指すことに。
f0118332_08992.jpg
f0118332_082085.jpg
f0118332_083314.jpg

滑り屋さんは来ないコースにスキートレース。しかも左手にストック二本。これはハンター。
右は銃のために空けてある。銃声も聞こえた。果たしてウサギは逃げおおせたのか?
とりあえずおいらたちが歩いたあたりには血痕なし。
と、最初の小尾根のとりつき付近でカメラがないことに気づいた。今日は天気がよいので、
カメラ二台持って来て、大きいカメラを袈裟懸けにしていたはずが、ない。
昼食の場所に放置・・・ガーン!でっかいものなのになぜに気づかなかったやら。
二人に先に行ってもらい、ダッシュで戻る。と言っても走れたのは斜度のあった下りだけ。
スノーシューに雪がついて重くて平らなところは走れたものではない。大汗かいて戻ると、
ありました、雪原に黒々とカメラが。
暑くて目に汗がしみるー、と目をぬぐい、スノーシューの雪をかんかんと叩き落としながら、
また焼山へ向かう。
既に二人は焼山尾根に上がっていた。おいらを待ってくれていたのであろう、手前側にいた
ので、遅れてきたくせに追いつくそうそうに「もちょっと先に行って。もっと。もちょっと」と注文
つけちゃってすいません。
f0118332_0165768.jpg

せっかくだから、二人を入れてこの美しい景色を撮りたかったのだよ。
このところ暖かく風のない穏やかな天気のため、いつもの迫力ある雪庇が育ってなくて、まる
んとした尾根になっておりますが、これはまたこれで美しい。
ここから皮松谷地に下る途中、よい斜面があったので尻滑り。
動画に音楽がつけられるのに気づいたので、試しにつけてみた。積極的に音楽をつけたいわけ
ではないが、動画だと話し声が入ってしまうのが恥ずかしいからである。

皮松谷地の広いまっさらな雪原で怪しい行動を始める相棒。

開始早々にE子さんにサークルを突っ切られ、「ばちが当たるよー」と呪いの言葉を吐いてお
ったが、気を取り直して粛々と周る相棒である。
f0118332_028767.jpg

ミステリーサークル完成後、すかさず雪だるま作りに突入する二人。
暖かくて表面は腐れ雪なので、ごーろごーろと転がして太らすことができる・・・が、山バック
に撮れるようにこっちに置いたほうがと思っても重すぎて転がすしかない。転がすとますます
大きくなって重くなるっ(笑)最後は三人がかりで押す。
f0118332_0313089.jpg

無事山をバックに撮影できました。広大な景色の中ではとても小さく見えますが・・・
f0118332_032837.jpg

けっこう大きいのでございます。
思ったより晴れが長持ちしたけれど、さすがに空が灰色になって来た。もう十分楽しんだ
ので帰路につく。
朝通ったとき、おいらが3日に作った雪だるまが頭と胴体ばらばらなものの痕跡が残って
いたのを、相棒が胴体部分だけ補強し、帰りにちゃんと作ろうと思っていた。
すると誰かが既に雪だるまの形に補修してくれていた。どこのどなたかわかりませんが。
ありがとうございました。
f0118332_03321100.jpg

卯年なので、さらに耳と尻尾をつけて、うさだるまに変身させて本日の雪遊び完了。
Commented by えすてぃ at 2011-02-07 21:34 x
尻滑り楽しそうですね。
パウダースノーがうらやましいです。
私も今日はスノーシューでクマタカ詣で。
こちらの雪の量は数十年振りの大雪で3m弱積もってますが、ココ数日の陽気でジョリジョリみぞれのようです。
でも、シューなしではズボッと股までうもりました。
クマタカさんが出るまで暇なので、あかねずみさんのBlog思い出しミニウサ作って見ましたが、突風でとんじゃいました。
Commented by akanezumi1984 at 2011-02-07 21:46
えすてぃさん、こちらもこのところ積もらないので、がくっと目減りし、
雪は放射冷却で朝は表面ばりばりモナカ、昼にはゆるんで腐れ雪と
なり、シューに雪がついて筋トレでしたよ。
雪だるまは気温が低すぎると作れず、風が強いと倒され、日がさすと
とけ、はかないものです。
次に行ったとき痕跡だけでも残っていると嬉しくなります。
by akanezumi1984 | 2011-02-06 23:57 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー