陽気に誘われ(写真多し)

晴れの予報にいそいそ山へ。しかし、蔵王、葉山、朝日の山々は見えているのにおらいの山
だけ雲の中。でも晴れてくるんじゃないか?
f0118332_2232487.jpg

9時半過ぎに志津に着いたが、月山だけいまだ雲っている。湯殿は見えているが、月山は雲の
中。全体に空が灰色・・・工事が終わり、県道の除雪は志津までです。
これまでずっと天気が悪くて川向こうに行ってなかったので、焼山尾根~ぶし沼あたり一人で
撮影しながら歩くつもりだったが、そこに神様、仏様登場。
いっしょにごがらみに行くことになりました。
f0118332_2235748.jpg
f0118332_22352074.jpg

神様、仏様効果か晴れてきたーっ!ありがたや。
一応標準語も話せるおいらですが、三人なまりまくりでしゃべながら歩ぐったなー。
f0118332_22381477.jpg

パワフルな神様。がーっしがーっしと進みます。昨日の朝はとんでない新雪だったはずですが、
午後から降らないだけで雪はしまり、足首からふくらはぎ程度しか沈みません。
f0118332_2241050.jpg

きわの平に上がり絶景にひゃっほー!
f0118332_2242206.jpg

低い山だけれど、近くにあるため存在感抜群の赤見堂。んー、かっこいい。
f0118332_22431290.jpg

斜面はぱふぱふのちょい圧かかった雪。風の強い尾根直下は一部ガリガリ。その上はシュカ
ブラ。
f0118332_22482015.jpg

仏様、決まってだんねがー?
f0118332_22492761.jpg

小さなオコジョの足跡。けっこうジャンプ力あり。
きわの平と金山平の間で昼食。この時期はみんなカップ麺ですな。
f0118332_22512552.jpg
f0118332_22514064.jpg

おおおおおおーーーーっ!おらいの山がうーつーくーしーいー。
Oさんから電話が入り、やはり天気に誘われて山に来て、途中までおいらたちのトレース
追ったとのこと。山オヤジさまもいるらしい。曜日が関係ない面々。みなさま定年まで勤め
あげた方たちですが、おいらだけ怪しい身分だなぁ。(一応仕事はしてるんですけど・・・
短期集中型で)
f0118332_2256564.jpg
f0118332_22571644.jpg
f0118332_22572455.jpg
f0118332_22574793.jpg
f0118332_22575579.jpg

ごがらみの森は美しくて、ついついたくさん撮ってしまう。頭でっかちなごがらみ坊主もおりま
した。ごがらみから一本ブナへ下るが、重い雪でシューではスキーについて行けません。
一本ブナの近くまで行って仏様が待っているのを見つけましたが、あれ、神様は?と探すと
撃沈してた(笑)雪がねっぱってつかまったようです。頭から雪につっこむのを「びっきしぇめ」
(カエル取り)と言ってました。
f0118332_232251.jpg

神様の足元にちびうさがちんまり。
f0118332_2331433.jpg

f0118332_233366.jpg

遠めに大きな謎の足跡に見えたが、溶けて広まってさらに浮き上がったテンの足跡だった。
志津スキー場まで下ると、上から誰か滑ってきた。弓張から尾根を歩いてやってきた弟分で
あった。弓張まで車で送ることにし、好きなだけ登り返せばーと言ったら二回滑ったので、
いい方の滑りをアップ。テレ板でなく不安定なネイチャースキーでのまぁまぁな滑りだそうです。

おいらもキャット跡で一本尻滑りして本日の山終了。満足である。
Commented by toco at 2011-02-03 09:11 x
今日の写真のコメントではないのですが、鳥博士のあかねずみさんに質問です。今朝6時ごろ近くの梅の花をついばんでいる2羽の小鳥発見。メジロより小ぶりで色は夜明け前で黒っぽくしか見えなかったのですが、ウグイスでしょうか。昨年も同じ時期に同じ場所の近くの場所でウグイスに出会えました。この時は藪の中でかすかに鳴いていたので、ウグイスと確認できたのですが、この時期に住宅地に飛んでくる同様の鳥って他にありますか。ちなみに神奈川在住です。
Commented by akanezumi1984 at 2011-02-03 20:51
tocoさん、情報が少ないと判断ができないですよ。
たった一つでも有効なポイントがあれば断言できますが。
メジロより小さい鳥はそもそも少ないです。メジロと並んでいるのを見た
のではないでしょうから、そのへんはまぁ小さめの鳥と考えて、メジロ
より小さいかどうかは置いといて。
枝に止まったり地面にいるときの姿勢とか、尾が長めか短いかとか、
どんな声で鳴いていたかとか、いろいろポイントはあります。
今回は色、形、姿勢のヒントはないですが、梅の花をついばむという点
では、もしかするとスズメに一票です。
メジロはお行儀よく花の中心から蜜を吸いますが、スズメは花の付け根
から穴を開けてしまいます。他にもカラ類とかミソサザイとか小さい鳥
はいますが、たぶん花はついばまないですねぇ。花につく小さな虫は食
べますが。
ちなみにウグイスは体は小さいですが、尾が割と長いです。この時期は
地鳴きのチャッチャッという声です。
Commented by toco at 2011-02-04 08:30 x
情報ありがとうございます。そーかスズメね。薄暗かったし鳴かないし、木の枝を移動してたし、観察眼なかったですね。去年近くでウグイス見たもんだからもしかして?と思ってしまいました。たまに野鳥の会の方と鳥を見に行き教えてもらうんですがなかなか見分けるのが難しいです。
Commented by akanezumi1984 at 2011-02-04 10:40
tocoさん、あくまでも推測ですが。候補のうちの一つとしてお考えくだ
さいね。
暗くて色がわからないのですからメジロだったのかもしれませんし。
姿勢とか動き方を見慣れるとかなり絞れるようになると思います。
野鳥の会の方と鳥を見に行かれるとのことですから、いろいろ聞いてみ
てください。
たとえばウグイスは藪好きなので、たいてい頭が低い姿勢でちゃかちゃ
か動きます。それに対してヒタキ類は背筋が伸びた姿勢。
ツグミも胸をはったよい姿勢です。
枝に止まって尾をぐるぐる回していたら、色がわからなくてもモズに間
違いないでしょう。小さな立ち姿勢の鳥が尾をふるふるっと震わせて
いたらジョウビタキ。キツツキ類とヒヨドリは飛ぶときに波状飛行という
独特の飛び方をします。そういう特徴を少しずつ覚えていくと、はっきり
くっきり近くで見られなくても、特定しやすくなります。
姿勢や体型、動き方は同じグループに共通だったりするので、種まで
わからなくても、あ、カラの仲間だなとか、ホオジロの仲間だなとかわか
るようになりますよ。
絵の図鑑だと識別のポイントになる部分に矢印ついていて便利です。
Commented by toco at 2011-02-05 08:53 x
色々ありがとうございます。奥深い。
Commented by akanezumi1984 at 2011-02-05 09:06
tocoさん、最初はベテランの人がさっと飛んでっただけの鳥を見て
名前を言い当てるのを魔法のように思うかもしれませんが、tocoさ
んも半年か一年くらい、鳥好きの人に同行したり探鳥会に出たりする
とそうなりますよ。
by akanezumi1984 | 2011-02-02 23:08 | おらいの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31