羽黒山へ

冬の羽黒山をスペシャルガイド付きで歩ける企画を聞きつけ、仲間に入れてもらった。
夏から秋、月山に登る楽しみの一つが頂上小屋のみなさんに会うことなのだが、なんと、
今回頂上小屋のおじさんが案内してくださるというのだ。(冬季は羽黒にお住まい)
f0118332_22501739.jpg

f0118332_22505375.jpg

五重の塔までは踏み跡があり、つぼで行けますが、その先はスノーシューで。ここの杉並木
の雰囲気が好きで毎年訪れるが、こんなに雪深い時期に来たのは初めて。美しさに写真を
たくさん撮ってしまった。
f0118332_22531442.jpg

天気予報は大雪、雷だのと言っていたが、思いがけず青空。なんと美しい。
が・・・気温があがり、雪爆弾多発(笑)暑くて帽子やフードを脱ぎたいのだが、いつ爆撃をく
らうかわからないので、かぶっとかないと・・・
f0118332_22552799.jpg

一の坂、二の坂、三の坂と厳しい登り。雪の深さはたいしたことないが、しけった重い雪なの
で、負荷はそれなりにきつい。でも、ラッセルが好き(笑)雪馬鹿の相棒とおいらは、最初から
ラッセル要員として指名されたが、望むところなのであった。
f0118332_22595884.jpg

途中の鳥居もこんなに埋もれ。
f0118332_2303329.jpg

雪をまとった杉並木の美しさにため息をつき、時おり襲う雪爆弾に驚きながら、山頂着。朱の門
が雪に映えます。
f0118332_2324070.jpg

f0118332_2343038.jpg

一瞬車があることに違和感を感じたが、そういや通年車が来れるんだっけ、ここ。
f0118332_2362946.jpg

重そう。そして、なんとなくおいしそう・・・アイス食べたくなりませんか?
ちょうど昼時となり、スキー場ロッジで昼食。平日なので食堂は営業していないが、中で休んだ
り弁当食べたりはできます。授業なのか、スキー場は子どもたちでけっこう賑わっていた。
f0118332_23215746.jpg

羽黒山は杉ばかりなイメージだが、以外とブナもがんばっている。トチも多い。月山ではあまり
見かけないセンノキ(ハリギリ)なども。
下りは昔、材木をおろすのに使ったという橇道で南谷へ。昭和40年頃まで人力で橇を曳いて
伐採した木をおろしていたのだそうだ。男性も女性も橇を曳いたという。
南谷を過ぎて、しばらくゆるい下りだったが、最後は橇道もはずれて尾根に出て、後は一気に
急斜面をがんがんと下りに下る。
f0118332_2326866.jpg

f0118332_23265613.jpg

馬鹿は駆け下るので、みんながそろうまでの間にうさ奉納。おいらはぼーと仲間が下るのを見て
いるのだが、ちょっとスキがあると相棒がすぐに活動を開始するので、はいはいとお手伝い。
しけ雪なので、あっという間に大きいのが作れます。
最後、林道に出たところで、前を歩いていた人たちが、ネズミ?血出った!と・・・見ると雪に点々と
血が。そして小さなトンネル跡。今潜ったばかりと言うので、ちょっと手で掘ったら一瞬ネズミが
見えたが逃げられた。短い尻尾だったのでヤチネズミかな?どうして血が出ていたのだろう?
テンの足跡があったので、テンにやられたのだろうか。まさかスノーシューの爪で踏まれたわけ
であるまい?
出てきたところは見逃したので、謎である。

昔は冬には静かだった山寺は、平日でもけっこう観光客が来るようになってしまったが、冬の
平日の羽黒山は誰もいなくて静かでよかった。
Commented by とく at 2011-01-28 11:43 x
お久しぶり。羽黒山。あぁ~溜息(涙)いいな~!
今冬は凄い豪雪ですね。門外漢は雪景色を「いいな~」と、呑気にいっていられますが、土地の方々は大変でしょうね。
Commented by akanezumi1984 at 2011-01-28 18:57
とくさん、どうも。きれいでしょう?
でも、雪爆弾がすごくて、けっこうきわどいところで難を逃れていた感じ
でした。ざざーっくらいなら笑っていられますが、相当硬くて重い塊も
どかっとすごい音で落ちてくるので、直撃したらただでは済まないなぁ
と・・・
この冬は例年より雪が多く、既に除雪や雪おろしがらみの死傷者が
100人越えております。
Commented by とくさん at 2011-01-28 19:47 x
肘折温泉の知人は早朝3時ごろから起きだし、温泉から数キロを除雪する大変なお仕事。先日も電話で今年は不眠不休で身体がヘトヘトと・・・。毎日が日曜日の私はつい「こんなことをしていていいのでしょうか?」と、罪悪感に・・・。貴殿も気をつけてネ!
Commented by akanezumi1984 at 2011-01-28 20:27
とくさん、肘折は志津に次ぐ超豪雪地ですからねー。
1月は終日降る日が多いので、早朝除雪しても、一通り除雪して戻って
ご飯たべたらまた積もっているという感じで、一日中忙しいのでしょう。
一般家庭でも雪の多い地域の方たちは毎日大変です。
山形市内は雪が少ないので、この余力をなにか提供できたらよいので
すけれど・・
by akanezumi1984 | 2011-01-26 23:39 | ほかの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31