伝える内容が…

実家に着いて、いつも車を置かせていただくご近所に挨拶。ちょうど帰省してきた息子さんが玄関先にいらして話をしたら、「こないだの大雪の日に母ちゃん流されて大変だった」と。実家とそのお宅は玄関前に堰があるのだ。5mほど暗渠の下をくぐり抜け、50mくらい流され、下流でたまたま除雪していた人に助けられて無事だったとか。暗渠でつかえていたら、とか発見遅れたら、溺れなくても低体温症でやばかった。いやー本当に無事でよかった。
親しくしている人にこんな大事件があったのに、大王さまの話はいつもの「朝起きてからの一日の流れ逐一説明・既に百回以上聞いた編」なのである。なんで?
by akanezumi1984 | 2010-12-30 23:34 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー