日暮沢忘年会

f0118332_17355217.jpg

昨年に続き、雪がなくて小屋まで車で行けてしまった・・・
本当なら、雪道をラッセルして小屋まで行くはずが、雪がないのだから仕方ない。晴れているか、
せめて雪が降っているのなら歩く気にもなるが、雨では全員一致で「車だね」。
軟弱ですなぁ。でも、貸切小屋での忘年会が主題だからいいんです。
f0118332_17393399.jpg

小屋に着いて、すぐ宴会ではいくらなんでも・・・ってことで、散策に出かけ、ナメコ発見。完全に
手ぶらだったので、ダッシュで小屋に戻り、ナイフと袋持って戻って収穫。
f0118332_17413791.jpg

その間、Mrs.Sさんが雪だるまを作っていてくれました。途中から合作にして、いつもとは違う味
わいの雪だるまが完成。
f0118332_17453980.jpg

宴会が始まると食べてばかりになるので、どりゃーと斜面を登ったり降りたりして少しでも消耗し
ようとしていたら、別の倒木発見。少しだけどナメコありました!
f0118332_17455169.jpg

ナメコ持って意気揚々と小屋に戻ります。
ナメコ当番は沢でナメコを洗い、他の参加者も防寒体制と宴会体制を整え、3時頃から宴会突入?
f0118332_17473713.jpg

今年も酒池肉林です(笑)恒例となったメヒカリの空揚はもちろん、手作りシーセージやら、チーズ
フォンドュやら、激うま漬物やら、次から次においしいものが繰り出され、ガイドが用意した
夕食の前に満腹。それでも無理やり鍋だけは食べたが、ひっぱりうどんは翌日の昼用に
持ち越し。おっと、小屋の周辺で収穫したナメコも、鍋に半分投入、半分はなめこおろしで
おいしくいただきました。

Sさんから歌詞が全員に配られ、日暮沢忘年会史上初の山の歌の合唱が始まった。貸切
なのでこんなんもありです。
その後何度か外に出て満点の星空観察。長く大きな流れ星も見られた。
一晩中風が強く、ガタガタゴトゴト賑やかだったが、いつしかみな眠りにつき、山小屋とは思
えぬ時間にゆっくりと起き、各自持参の朝食。後片付けをして9時に出発。
f0118332_18193958.jpg

天気がよくなったので、元気な人たちは歩きましょうということになり(一名二日酔いで撃沈)、
半分くらいを林道歩き。大井沢の温泉に入り、参加者のSさんが大井沢にお持ちの別荘に
押しかけて、ひっぱりうどんの昼食。
食べてばっかりの二日間でした。完全に摂取過多(笑)
Commented by みいら at 2010-12-05 21:39 x
♪霊峰 霊峰 霊峰の頂きを~ 我が胸に~

朝日山岳歌ですなあ。
山小屋で山歌を歌うなんていうのも、貸し切りでないとできなくなってしまいましたなあ。誰が伝えていくんだろ?
Commented by ひしゃく姫 at 2010-12-05 21:48 x
いやいや今年も色々抱腹絶倒、ハプニング満載の忘年会でしたね。山形新幹線が運休になり、今年は参加できないかと諦めかけましたが、仙台から山形行きのバス乗り場もわかり、ひとつ物知り?になりました。それにしても天然なめこおいしかった!!
Commented by akanezumi1984 at 2010-12-05 21:53
みいらさん、この歌を教えてくださったSさんは、地元山岳会の方たちで
は時々歌われるとおっしゃってましたが、そういう場にいたことがないの
で初めて聞きました。
「天狗音頭」も歌ったのですが、こちらは難しくてもうわかりません。
動画に撮っておけばよかった。
しかし、ある程度人数がいないとできませんねぇ。照れくさくて。
Commented by akanezumi1984 at 2010-12-05 21:58
ひしゃく姫、まさに「万難を排してたどりついた」という感じでしたね。
雪が少なくて、今年も初ラッセルならずで残念でしたが、おかげで天然
ナメコが手に入ったようなもので(笑)
あんまり雪が深いと探すの無理ですから。
来年はぜひ、自ら採った天然ナメコでナメコおろし作って食べましょう。
Commented by morino at 2010-12-06 23:08 x
日暮沢忘年会、楽しそうですね。
歌もしみじみとしていいですねー。なになに「天狗音頭」もあるのですか?天狗小屋に泊まった時、誰も歌わなかったなー。
Commented by akanezumi1984 at 2010-12-06 23:27
morinoさん、来年はぜひ。メヒカリの空揚はふはふ、おいしいですよ!
雪がある年は小屋までラッセル。ない年は車で行くけれど、近くでナメ
コ探し。冬用シュラフがなくても着膨れのまま寝ると大丈夫です。
by akanezumi1984 | 2010-12-05 18:23 | ほかの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984