とりあえず

マダニが媒介する怖い病気にライム病というのがあるが、

潜伏期
マダニ刺咬より数日~数週間。マダニは数日間吸血し続け、若虫では数mm、成虫では1cm程度まで飽血する。ボレリアのマダニからヒトへの伝播には、 48時間以上の吸血が必要とされる。[1] ダニが刺した部位で菌が増殖し3〜32日間かけて周囲の皮膚へ広がる。[2]


怪しいのは日曜の昼前後。でも、たいていすぐには食いつかずにうろうろしているから、食いつかれたのは午後遅くとか夕方の可能性大。
病院で取ってもらったのが火曜の午後だから、48時間たっていないかも。

ただし、自分で取ろうとしたときに、ダニの体をつぶしてしまったから体液を皮下に注入した可能性大。

なーんて書くと心配性の方はどきどきしそうですが、ダニに食いつかれる人はそんなに珍しくもないのです。食いつかれたことのない人はびっくりするかもしれませんが、山によく行く人にはよくあることで・・・まぁ、ほとんど大丈夫です。

次に備えてダニ取りピンセット買っておこうかな。食いつかれる前にちゃんとチェックする癖をつければ必要ないか?今回はいつもの博物園でのことだったので油断したぞな。


水曜は午前3時に起きて3時半出発。仕事で以東小屋に一泊(ガイドでも管理人でもありません)し、木曜夜に帰宅。
そのときの分の更新は明日にしとこ。もう寝るべし。
by akanezumi1984 | 2010-08-27 00:11 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー