久しぶりにパトロール

6月7月は高山植物が気になり、8月はあまりの暑さに涼を求め、上にばかり行って
森がおろそかになっておりました。
たまにパトロールしとかないとね(マーキングはしませんけど)
f0118332_2274830.jpg

しょっぱなから怪獣みたいな奴の写真ですみません。ブナの森を茶色にしている犯人、
ウエツキブナハムシです。7月下旬からの成虫大拡散飛翔が終わったと思ったら、幼虫
が大量に出回り、足元にも葉っぱにも幹にもうじゃうじゃ。
これだけ大量にいると、そのフンも恐るべき量になり、葉っぱという葉っぱに茶色の
フンが堆積。風が吹くとそれが宙に舞うので、頭からフンかぶり・・・この時期は
帽子必須です。
f0118332_22145589.jpg

リュウキンカ沼・・・もう草ぼうぼうです。写真には写ってませんが、かろうじて水路
は開いています。
f0118332_2216439.jpg

もっと枯れているかと思ったら、意外と水量がありました。
f0118332_22163045.jpg

いつもの場所にジャコウソウ。図鑑にいいにおいがすると書いてありますが、特に匂い
はしません。(花も香らない。葉をもんでもにおわない。)
f0118332_22175791.jpg

お気に入りの春木戸の階段に腰掛け、しばしまったりー。がさがさ、ばたたっと、
わずか50センチくらいのところに鳥が来たかと思ったら、こちらに気づいて逃げていき、
なんだか確認できず。一声鳴いてくれればよいのに。
f0118332_22203715.jpg

サメビタキ。移動の途中か?しばらく観察できたけれど、ピンポケ写真しか撮れず。
f0118332_22213712.jpg

大門海から周海沼、ブナ林広場へ。第二ブナ林広場にも行ってみた。
f0118332_2226625.jpg

シロバナカゴメヅル??
f0118332_2222579.jpg
f0118332_222389.jpg

湧水付近はヤマブドウやアケビがけっこう大きくなっていた。宙に浮く幼虫さんも。
f0118332_22243850.jpg

ハコネサンショウウオの子ども。成体は丸顔で目が飛び出ているのに、幼生のときは
なんでこんなに顔が四角なんだろう?
クロサンの池も双眼鏡でよく見ると、クロサンショウウオの幼生が見られる。モリアオ
ガエルの巨大オタマも後足が生え始めていた。丸いのはまだまだで、足が生えているの
はちょっと体が四角っぽくなっている。だんだんカエルっぽくなっていくのだ。
f0118332_22283834.jpg

湿地の奥の方にウメバチソウ。720mmでやっとこれしか撮れない。もっと近くにも
咲いてくれるとよいのに。森林限界より上で見るウメバチソウより大型で雰囲気が
違う。
f0118332_22301635.jpg

見た目涼やかだけれど、ドクゼリの毒はかなり強いらしい。
f0118332_2238223.jpg

オタカラコウは1mを越し、シシウドは3mにも育ち、夏の森は力に満ちているが、
もう秋が始まっているのも確か。
by akanezumi1984 | 2010-08-22 22:41 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30