弥陀ヶ原へ

個人的に年中行事のオゼコウホネを見るための姥沢から弥陀ヶ原往復。
f0118332_2355571.jpg

f0118332_22474586.jpg
f0118332_22482229.jpg

どうせ暑くて寝ていられないので、真っ暗なうちに出発し、涼しいうちに登ることに。
ガソリンぎりぎりだが、高速のSAなら24Hやってるかも?と思ったらしっかり閉まっ
ていたので、少しばかりはらはらしながら運転。志津あたりからガソリンE点滅しだし
たが、帰りに西川のスタンドまで大丈夫だった。たぶん、点滅してからもけっこう走る
のだろうが、とりあえず西川で千円だけ詰めて、いつものスタンドで満タンに。
高速利用するとスタンドを通り過ぎてしまうので、ついガソリン詰める頻度が落ちる。
早起きのかいあって、朝日連峰が全部見えている。以東にいたときは毎日雲の中だっ
たのに、以東もよく見える。
f0118332_22544211.jpg

雪渓の上の小さな小屋がわかるでしょうか。
f0118332_22563681.jpg
f0118332_22564555.jpg

おっ、鳥海山も麗しい。
姥沢大駐車場には四国や関東など遠方からの方が車中泊している感じで、おいらが
すぐにも出発しそうなのを見て、「リフトじゃなくても登れるのですか?」と聞いて
きてご夫婦が少し遅れて登りだしたと思うが、とりあえず今日の姥沢からの登山者の
一番手のようだ。しばらく視界に人間なし。
f0118332_231183.jpg

シュシュシュ、゜ピシューとど迫力で飛び交うハリオアマツバメたち。速過ぎてコン
デジでは撮れるわけがないと思いつつ、つい悪あがきしたら一枚だけ撮れた。
なんだかおでぶに撮れてしまいましたが、実物はものすごくかっこよく飛んでます。
ああ、いっぺんぶつかってほしい(笑)どれだけの衝撃をくらうものだろう。やせ尾根
だったら命にかかわるか、とか考えたことありませんか?ないか(笑)
牛首あたりで振り返ると、駐車場で質問されたご夫婦が姥を登っているところだった。
姥沢小屋からのコースが楽だとは教えたが、おいらと同様、リフト下を登ってきたよう
だ。下道の方が30分早く山頂に着くけれど、晴れたら眺望のよい尾根コースがいいも
んね。朝早いと誰もいなくていいなぁ。
さすがに牛首より上になったら小屋に泊まった人が降りてきたが4人だけ。頂上小屋で
昨夜の宿泊はと聞いたら、30人以上とのことだから、もっと早い時間に下った人が
いたり、反対側に下った人がいるからか。
f0118332_2314770.jpg

姥山頂で見えていた鳥海山はもう雲の中。
山頂からトウヤクリンドウを探しながら下っていくと、けっこうあちこちに見つけられ
た。
f0118332_23161612.jpg

7月に比べるとだいぶ花の種類は減った。今はハクサンシャジンが一番盛りか。
f0118332_2317169.jpg

雪渓が遅くまであった場所では、チングルマも真っ盛り。
9号目に近づくと、弥陀ヶ原から登ってくる人たちとすれ違うようになるが、平日なの
で少なくてよい。
f0118332_23201274.jpg

広い弥陀ヶ原でオゼコウホネがあるのはほんの一角。知らない人が多いようですね。
東側の一番北東側で、開花時期には監視人がいるのでビーチパラソルが目印(笑)
今年は新人監視人で、あまりに人が来なくて暇だ暇だと言ってましたので、どうぞ皆
さん行ってなにか話しかけてください。(平日歓迎)
f0118332_23281256.jpg

本当は中心が鮮やかな赤なのだが、一番近くの花は咲いて数日過ぎてやや色が黒ずん
でました。
f0118332_23282893.jpg

池塔になにやらびっしり浮いていると思ったら、ウエツキブナハムシ。歩いていても
顔にぶつかってくるし、今年もかなり大量に発生している様子。
f0118332_23242223.jpg

目的を果たし、参篭所に向かい、巨大ウサギの横で早めの昼食をとり、少し休憩した
らまた山頂に向かう。今回はちょっと時期が遅かったのでアサヒラン見られず。
f0118332_23254930.jpg

なんだか雲行きがあやしくなってきたか?山頂から下るときにすれちがった人たちと
またすれ違う。
f0118332_2327969.jpg

行者返しも過ぎ、山頂まであと少しというあたりで雷が鳴り、雨も降り出したが、そ
れほど暗くなく、雨はたいしたことなかった。小屋でゆっくりお茶して3時過ぎに下
山開始。くくくくっ、また誰もいない。視界に人っ子一人いません。
晴れたり、ガスったり、ちょっと雨が降ったりと午後は変わりやすい天気でしたが、
久しぶりのおらいの山はいろいろな表情でおいらを迎えてくれました。
まだリフトに間に合う時間ではあったけれど、姥沢小屋に出るコースで途中冷たい
湧き水を味わってから帰った。

姥沢~リフト下~姥ヶ岳~月山山頂~弥陀ヶ原~月山山頂~姥沢
携帯電話の歩数計は37031歩。歩行距離26.28kmだと?そんなにあるわけないなぁ。
山だと歩幅が小さくなるからでしょうね。
キオンも咲いたし、リフト下あたりはオヤマリンドウもだいぶ咲いた。一通り終了な
感じかな。
Commented by numa! at 2010-08-07 00:17 x
庄内も山形も,ガソリンは「詰める」んだ。
なんかめんこい。
Commented by akanezumi1984 at 2010-08-07 07:41
numa!さん、えっ?ガソリンは「詰める」もんでしょ、他にどう表現するんですか?「入れる」?
雪とかごみは「投げる」です。
「このゴミ投げて来い」と言われても、そこらへんに投げ捨ててはいけないのです。きちんとゴミ箱に、です(笑)
Commented by えすてぃ at 2010-08-07 11:45 x
私も、あ、詰めるんだって思って読んでました。
初めて聞く言葉です〜。
ガソリンは、普通に「入れる」なんですが、、、
今度、「詰める」ってつかってみよっ!
Commented by 笹だんご at 2010-08-07 16:56 x
私はガソリン「入れる」とも言いますが・・・普通には「詰める」と言っています。
みんなどっちも使っているんだと思っていましたぁ~!!
Commented by numa! at 2010-08-07 16:58 x
越冬のために,たくさんの木の実(ガソリン)を巣穴(給油口)にせっせと詰め込むあかねずみ(そのまま)さん。

ガソリンは地味に「入れ」ます。
ごみは仙台でも「投げ」ます。
Commented by akanezumi1984 at 2010-08-08 19:35
なにげに使った「詰める」にこんなに反響があるとは(笑)
新潟の笹だんごさんもお使いになるということは・・・日本海側要素?
by akanezumi1984 | 2010-08-06 23:02 | おらいの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984