機能しなかったソーラー充電

山では携帯のバッテリーが異常に早くなくなり、電気がないから充電ができない。
電波が不安定なので、メールを一件受信するにも、送信するにも、時間がかかるだけ
かかり、消耗するだけでなかなかうまくいかなかったり。

最近、ソーラー充電機能付の携帯に換え、いくらなんでも一週間いれば晴れる日があ
るだろうと思ったものの、ほんの小さなソーラー電池ではしっかり晴れないと充電が
できないので、念のために古い携帯とその予備バッテリーを持って行った。

つまりバッテリーが三個分。これなら晴れなくてもなんとかなるかと・・・

携帯を換えていなければ、乾電池から充電できるアダプターを買おうかと考えてはい
たのだが、あるものでなんとかなるかなと思ったのであった。

しかし、日差しはなく、バッテリーは思った以上に消耗が激しく、ときどき届くメール
の受信にけっこうナーバスにならざるを得なかった。
急ぎで返事を要する仕事の打診や、もしやのときの実家連絡用にバッテリーは最後まで
温存しておきたかったのに、無情に届くパソコンからの長文メールにけっこう焦った日々
であった。

やはり乾電池からの充電とかの確実なものにしとくべきでした。
ただ、充電できたとしても、別にその日でなければだめなわけでないメールについては、
やっぱり帰ってこちらが落ち着いてからにしてもらえるほうがいいですね。
下山後も報告に寄るところがあったり、電話やメールで連絡とらなければならないとこ
ろがあり、早く帰りたいのに途中のドライブインであちこち連絡して時間がかかりました。

せっかく不便なところにいるのだから、そんなときくらい音信不通でよい気がする。
仕事先や家族との連絡は別として・・・
by akanezumi1984 | 2010-08-04 23:07 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984