お花畑

f0118332_921247.jpg
f0118332_92389.jpg
f0118332_92523.jpg

おいらは直登コースで入山し、少しの晴れ間にすぐ目の前の以東岳と水場に行った
くらいで、ほとんど花を見ていなかった。下山はオツボコースでお花畑を通るのを
楽しみにしていた。ガスと強風の毎日でも、お客さんたちはみな「花はきれいだった」
とおっしゃっていたのである。
f0118332_962568.jpg

前日までに比べるとガスが薄く、風も弱く・・・とはいえキャップは飛ばされそうに
なるので前後逆にかぶって出発。4泊もいっしょに過ごした測量隊は直登コースを
下山するので、ここで一度お別れ。以東ピークを越えて歩いて行くと、いくらか
景色が見える。風が弱い分蒸し暑いが、雪渓や谷が見えて見た目は涼やか。
ヒヒョヒヒョヒヒョと声が聞こえる方を見ると、雪渓と近くの岩などにイワヒバリ
が5羽。月山のペアはいなくなって早3年。こちらは繁殖成功のようで嬉しい。
ガスだし、午後から雨の予報でザックにしまいこんでいたHS10を出して撮影。
雪渓の近くはチングルマがたくさん咲いていた。時々ニッコウキスゲの群落も
あり、よく見るとヒメサユリが1,2本残っていた。
月山にはマツムシソウがないので、お花畑にマツムシソウが残っていて満足。
ギボウシはオオバギボウシだろうか?連日の強風でかなり痛んでいるのだが、群落
として見る分にはとても美しい。
ほんの少し下るだけで視界があるのだが、以東のピークも小屋もガスの中で見えない。
いつも、振り返り振り返り、小さな小屋を見てかわいいなーと言いながら下山するの
だが、今回はなにしろ以東岳と以東小屋はラピュタのごとく常に雲に隠されているの
だった。
せっかく景色が見えるからのんびりしたいところだったが、今回は仕事なので、大鳥
小屋の管理人さんにも報告や渡すものがあり、朝日屋旅館さんへの報告と届け物もあ
る。しかも午後から雷雨の予報・・・ちょこちょこ写真撮ったり、途中の水場の確認
をしただけで休憩はしないで下山。

皮肉なことに、天気予報は晴れ時々曇りとか曇り時々晴れの毎日で実際はガスと強風
の毎日だったのに、最終日は午後から雨の予報なのに結局降らず・・・
天気予報で縦走をあきらめて下山した方や、天気がいいと思って縦走して暴風雨の
中をひたすら足元だけ見て歩いた方や、期待を裏切られる日々でした。
でも、おいらは小さな山小屋で、すぐ外のトイレに行くにもびしょ濡れになるような
毎日でも退屈せずに過ごせました。
天気がよければ、それこそ夢のような時間が過ごせたでしょうが、視界10mの停滞
生活も、いろいろな方との出会いがあり、楽しいものでした。
Commented by みいら at 2010-08-05 15:37 x
小屋のビールを平らげに行きたかったのでしたが都合がつかず残念。
天気が良くなかったようですが、無事のご帰還ご苦労様でした。
Commented by akanezumi1984 at 2010-08-05 19:24
みいらさんがいらしたら、さぞビールの売り上げが伸びたことでしょう(笑)
雪渓が近いから、雪か氷で冷やしておりましたよ。外は寒くても小屋の中は狭いところに大勢いるから熱気むんむん。
時間をかけて2本飲みたそうなお客さんがいて、こちらは風雨激しいときはあまり外に出たくないので、小さいバケツに氷の塊とビール2本入れて渡しました。サービス良すぎ?
by akanezumi1984 | 2010-08-04 09:29 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー