貴重な晴れ間

f0118332_22141498.jpg

27日の11時頃に以東小屋に着いて、2日の9時半頃に離れるまでの一週間で、晴れ間
は28日午後の半日と29日朝の二時間だけ。二日目で晴れたときには「ついてる!」と
思いましたが、週間予報で晴れそうだった土日は逆に荒れ模様で、ソーラーバッテリ
ー出番なし。日焼け止めいらず。
一週間もいれば、朝日や夕日の撮影、花の撮影でどれだけ撮るかしれないからと、カメ
ラを二台持って行ったが、ほとんど使わず(涙)
基本的にガスで真っ白、風ごおごおな日々。29日の朝は雨交じりだったので雨具着て
フードまでかぶってスコップ作業していたら、ふいに暑くなった。
ん?と周囲を見渡すと雨どころかガスも晴れて、遠くまで見える!
おらいの月山も見えてるー。仕事を急いで終わらせ、カメラと双眼鏡を取りに戻った。
月山は早くも雲をまといだしていて、また晴れるかなーとその時撮らなかったら、二度
と見えなかった。がくっ・・・
そんなんで、小屋からサンダルで徒歩5分の山頂にも水曜と木曜にしか行かなかった。
午後はなんだかんだと来客対応があるので、木曜朝の貴重な晴れ間に、本来の水場で
ある碧玉水に水汲みに行ったが、まだ雪解け水がだいぶ混じってますな。
一昨年の8月は、小屋近くの雪渓がなくて碧玉水まで水汲みに行ったはず。今年は残雪
多いです。
f0118332_22202680.jpg

以東山頂のコケモモ。
f0118332_22203595.jpg

ミヤマコゴメグサ。風がなくて撮影できたのは29の朝だけ。
by akanezumi1984 | 2010-08-03 22:14 | ほかの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31