チシマギキョウに会いに

あと一週間後くらいかと思っていたチシマギキョウがもう咲いたらしいので確認に。
昨日の朝までの予報では、今日はわりとよさそうな感じであったが、直前になってみれ
ばあまりよくない?でも、明日からは連休で混みそうなので、多少天気が悪くても静か
な平日に行っておくことに。
f0118332_23271196.jpg

ガスっている日ならではの美しさもあるもので。
f0118332_2327513.jpg

連休前の平日。半端な時間(リフト降りたら11時過ぎていた)ということで、ほとんど
人のいない静かな登山道。
姥ヶ岳付近はニッコウキスゲが続々と咲き、キンコウカやトキソウも咲き、金姥にかけ
シャクナゲも見ごろとなりました。リンネソウもまだがんばっています。
ガスっていると、もともとあまり逃げないカヤクグリたちは、踏んづけるかもしれない
と思うくらいに逃げず、1mかそこらのところをてんてんと跳ねて行くため、なかなか
進めない。
f0118332_23392228.jpg

ハクセンナズナも咲き始め。奥にもっと咲いたのがたくさんあるのだが、ちょっと遠い
ので、近くのを撮影。これはまだコップ洗いになっていませんね。
山頂付近の花は端境期のようで、あまりぱっとしない。
咳はほぼ治ったが、鼻水が止らないため息苦しくて、ゆっくり登ったら山頂小屋前で
1時半過ぎてしまった。しかし、とりあえずチシマギキョウへ。
f0118332_23373199.jpg
f0118332_23373967.jpg

しっかりいつものところに咲いていました。この深い美しい色は、こんな霧の日に
よく合います。
f0118332_23421414.jpg
f0118332_23422410.jpg

トウゲブキやハクサンシャジンも咲き始め、確実に花が移ろっていく。でも、雪渓
の解け際ではハクサンイチゲ、ヒナザクラ、ショウジョウバカマ、チングルマなど
が次々に咲いて、一からまた始まる。
f0118332_23442220.jpg

おむすびころりん。一口も食べないうちにころげ落ちたおむすびが哀愁漂わせ。
f0118332_23455839.jpg

山頂東斜面を見つめるちびうさ。今日は誰にも見られず、ひっそりと。
2時過ぎに小屋で遅い昼食(途中で少し食べたけど)。おばさんと話していると、
何度も小屋に問い合わせの電話が。現在の山頂の天候や花の状態などは答えられる
けれど、明日の天気とか週末の天気を教えてと言われても困る、とおばさん。
そりゃそうだ。山の天気は変わりやすいのだ。それに、予報なら天気図とか雨雲
レーダーなど見たほうがよいので、それなら下界の人の方が情報を得やすいのだ。
山小屋にはテレビもインターネットもないのですよ。
山頂の平から下り始めるのが3時半くらいになってしまった。下道を進み、リフト
への分岐で4時。最終リフトに間に合わないこともなかったが、姥沢小屋に出る道
を今年はまだ歩いていなかったし、そのままリフトを使わないコースへ。
f0118332_23533448.jpg

今頃になって晴れてくるし・・
f0118332_2354586.jpg

途中の水場に、ひしゃくと看板が設置されておりました。近くにオタカラコウが
たくさん咲くので「雄宝清水」なのでしょう。ここの水は冷たくておいしいです。

おまけ
f0118332_2355165.jpg

博物園でショウキランが咲いたと聞いたので、誰もいない夕方の森に寄り道。んー、
これだけか。以前はいかにも死体が埋まっているのではと思わせる、怪しい大きな
株で咲いたものですが、最近は小さいのしか咲かないのはなぜでしょう?
f0118332_23573225.jpg

ウソの巣立ち雛。もともと親もあまり人を恐れない鳥ですが、この子らは全く警戒心
というものがなく、ちょこまかと移動するのも人間がいるから逃げるというよりは、
食べ物を探して移動しているだけな感じ。
f0118332_23574237.jpg

近くにお父さん鳥もいました。父ちゃんと子ども二羽。葉っぱがかぶりまくりですが、
父ちゃんの真っ赤なほっぺがわかるでしょうか?
夕方で暗いのに、手持ち撮影でぶれぶれですが、動画も撮ってみました。
http://www.youtube.com/user/akanezumi1984#p/u/0/YK3Rf7DPwVk
Commented by 笹だんご at 2010-07-20 18:06 x
18日にチシマギキョウとコマクサを見に行って来ました!!
山頂小屋のお母さんに聞いてから行ってきました。
気持ちよく教えてもらえた事に感謝感激!!
コマクサに関して言えば、私がいつもお昼ごはんを食べていた場所だったんです。
でもそっちには何もないものと思っていたから、腰を下ろして座った所の植物には目を向けていたけど・・コマクサは今まで長いあいだ気がつくことはなかったのです。
羽黒の方に下って行くと雪がとけて間もないようでハクサンイチゲもたくさん見る事も出来ましたし・・。
大好きなウメバチ」君はまだ蕾ばかりでした。
それは次回の楽しみに取っておくことにします。

Commented by akanezumi1984 at 2010-07-20 21:35
笹だんごさん、お目当ての花に会えてよかったですね。その前後は濃霧で、日曜だけ晴れたのでは?
高山植物は背が低いのが多いし、小さい体に花だけどんっと大きいですから、その花が咲いているときでないとわからないんですよね。ちょうど花の時期にその場所に行ってないとずっと知らずにいると思います。
ちょっとだけ時期をずらしたときに、「え、ここにはんな花があったのか」と驚くことがあります。
ウメバチソウ、おいらも大好きな花です。もう少しでトウヤクリンドウも咲くと思います。ミヤマコゴメグサもそのうちかな?
雪渓際は解けたときが春なので、遅い時期にも雪解けすぐの花が見られておもしろいですよね。
万年雪の大雪城付近では、秋になってもアオノツガザクラやエゾノツガザクラ、イワイチョウ、ヒナザクラが見られますよ。
by akanezumi1984 | 2010-07-16 23:39 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31