久々にぬれねずみ

雨のクロユリトレッキングぅ~。
西川町主催のクロユリトレッキングのお手伝いで雨の中山頂へ。
朝から雨で、予約した方の半分も来ないのでは?と思ったら、キャンセルは2名だけ。
残りの17名全員が雨にたたかれながらも山頂まで行きました。
柴灯森と牛首の間にクロユリがぽっつり一本だけ咲いていて、もしや悪天で牛首まで
しか行けなくてもかろうじてクロユリが見てもらえる、と思ったけれど、全員が山頂
踏めてなにより。

雨だし、仕事だしで撮影はなしです。

ぬれねずみ大量発生でしたが、花の美しさにみなさん満足していただけたようでした。
Commented by ひしゃく姫 at 2010-06-27 20:56 x
いやー、私も今日の月山では全身ずぶぬれでした。まあ、先週の竜門での雷を思えば、雨に濡れるなんてどおって事はありませんが。今回は、昨日午後から姥経由で山頂に登り、山頂小屋に一番乗りで宿泊。山頂小屋の食事は、それはそれは豪華でした!今回が山小屋泊まりデビューの方々いたので、これが山小屋の食事だと思ってはいけない、と繰り返し伝えておきましたが。
相変わらずこの時期の山形新幹線は、サクランボ目当ての観光客で混んでましたが、心なしか去年より若干空いていたかな?
濡れたものの洗濯して、来週は森吉山に花を見に行ってきます。
Commented by ファーマー佐藤 at 2010-06-27 21:06 x
 ゲッ、あの雨の中登ったんですか~。
私なら絶対に中止します。山は晴れてこそ楽しめる所なので、
その点は徹底しています。もう15年以上はカッパを着たことが
ありません。(冬以外では)
 
 でも仕事となれば別ですね。私も今日はカッパを着て自転車に乗って
いました~。(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2010-06-27 21:10
おお、姫と入れ違いでしね。こちらはお昼にやっと山頂到着でしたから、もうその頃は下山してましたよね?
山の雷はおっかねー。大当たりしなくてよかった、よかった。
燕小屋の食事もなかなか豪華でしたが、あそこは2週間に一度ヘリで荷揚げ、一時間下までケーブルでがんがん荷揚げできますからね。月山の山頂小屋はシーズン初めにヘリが一回飛ぶだけです。金曜登ったとき、山頂小屋の息子さんがとてつもない大荷物を背負い上げていましたよ。みなさんにおいしいご飯を提供するために、週に一度人力で50キロとか60キロとか背負い上げるようです。ほれちゃう?
梅雨時で濡れ物を乾かすのも大変ですね。
朝日のヒメサユリは今年は少し遅いかなぁ。いつ行こう。
おいらは月山通いでたまに近場うろうろです。
Commented by いなかフェスタッフ at 2010-06-27 23:49 x
こんばんは。コメントいただきましてありがとうございます。
もぞもぞと・・・あかねずみさんのブログにやってきました。なんとまあ~あまりに写真がキレイで驚きました!凄い!しばらく見入っていました。
やっぱり現場にいる方の言葉と写真は違うなあと思いました。
梅雨の時期なので、山ではお気をつけくださいね。
ちなみにコロナはだいぶ毛も抜けて、なんだかスリムになりました。
40リットルぐらいのザックにすぽんと入りそうですが・・・。
Commented by akanezumi1984 at 2010-06-28 21:03
ファーマー佐藤さん、おいらも会社を辞めてからは天気のよいときだけ選んで山に行っていた(冬はたまに吹雪の森も好き)ので、こんなに濡れたのは久しぶりでした。
でも、勤め人時代は次の週末だとクロユリが終わるー!と思うと雨とガスでも山頂まで行ってましたっけ。

Commented by akanezumi1984 at 2010-06-28 21:09
いなかフェスタッフさん、写真ほめていただきもっけです。
今日、現場の帰りに山道具屋さんに寄り道したら、事務室の入口ののれんの下に、コロナのぺったんこ座り後姿発見!まさか?
そこのわんこも黒柴で同じようなぺたんこになるのでした。
お願いして少し遊ばせてもらって来ました。めんごかった。
コロナは小さいから30リットルでも入りそうです。
ちなみに月山中腹にお住まいのシェルティーは、スキーやスノーシューのトレッキングに喜んで着いて行くけれど、雪ぼっこが毛について重くて歩けなくなり、途中からご主人のザック入りする箱入り娘ならぬザック入り娘です。
by akanezumi1984 | 2010-06-27 20:38 | おらいの山 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984