シラネアオイ一気に満開

熱い日が続いたせいか、雪解けが一気に進み、花もだいぶ咲きました。
博物園に8時過ぎころ着くと、既に管理車道は例の車でいっぱいに・・・8時半出発で
続々と下山の人たちとすれ違う。来週末も同じでしょうな。
NC傍のヤマアカの池では、トウホクサンショウウオが産卵中でした。肉眼、双眼鏡では
けっこう見えるのですが、暗いし水中だしで、写真は撮れず。
f0118332_22555269.jpg

今日はクマの姿なし。雪解け進んで、一週間で夏道が劇的に出ました。
f0118332_2341787.jpg

こんなんも出るようになりました。
f0118332_22565085.jpg

すれ違うタケノコ撮りの方たちと一言二言話しながら、のんびり登って行くと、
f0118332_22581729.jpg

ミソサザイが愛想よくて、撮れました。立派そうに写ってますが、ものすごく小さい鳥
です。でも声量は沢音に負けないよう、すばらしいボリュームです。
f0118332_23116100.jpg

装束場の小屋より上で、一羽分まるっとな感じで羽が散らばっておりました。カヤクグリ
のようですが、誰の仕業?普通はこのあたりでは鳥食いの猛禽は見ないですが。
(と思ったらその後山頂付近でハイタカらしき猛禽がちらっと見られた。犯人はハイタカ?)
f0118332_23521100.jpg

先週まで色のついた花はショウジョウバカマしかなかったけれど、ベニバナイチゴや
コイワカガミも咲き始めました。
f0118332_2363924.jpg

で、気になるシラネアオイはというと、馬鹿陽気に一気に開花が進み、満開状態。
f0118332_2375418.jpg

シラネアオイとミネザクラと雪渓。毎年この光景が見たくて行く、人呼んでシラネアオイ
街道。この時期初めていらしたイシさんは「本当に街道って言えるの?」と少し大げさ
なんでは疑惑を抱いていたようですが、実際に見て「まさにシラネアオイ街道です」と。
ほっほっほ、そうでしょう、そうでしょう?
f0118332_2313077.jpg

ミネザクラや笹に守られて咲くシラネアオイ。
金姥から柴灯森、牛首周辺にたくさん咲いていますが、次々咲きますので、次の週末でも
見られると思いますよ。来週の平日に三日間リフト運休で架け替え工事がなされ、下りも
リフトに乗れるようになります。
f0118332_23163580.jpg

ハクサンイチゲもだいぶ咲きました。
f0118332_23165266.jpg

ヒナザクラも一気に咲きました。
f0118332_23171255.jpg

ミツバオウレンも目立ちます。ミツバノバイカオウレンもあります。
f0118332_2317296.jpg

ミヤマウスユキソウはまだ蕾。来週のお楽しみ。
f0118332_23174135.jpg

ミネズオウは山頂下の岩場のはまだ咲き始め。山頂から胎内岩方向に行く途中はけっこう
咲いておりました。
コメバツガザクラもぽつぽつ咲いています。イワウメはまだ蕾が小さく、来週咲くかちと
怪しい。
f0118332_23223857.jpg

クロユリはまだ蕾はほとんど見られず、探して探してやっと見つかるくらいですが、まず
は順調というところでしょうか。
快晴の週末。朝の姥沢駐車場やリフト乗り場は相当混んだようですが、ほとんどスキーヤー
で登山者、特に山頂まで来る人は少なく、牛首から先は静かなものでした。
装束場コースも、たまーにリフト使用で姥から下山だけ利用の人が来るだけです。でも、
この時期はタケノコ採りの人が夜明けとともに入山していて、下山の人たちとかなりすれ
違います。やはり、例年より少し遅れていると感じている人が多いようですが、がんばる
人はそれなりに採って来ますねぇ。
おいらもタケノコは大好きですが、上でイシさんと会えたので、またちゃっかりとヒッチ
成功したので、装束場を下らずに姥沢に下り、博物園まで乗せていただきましたので、タ
ケノコはなしです。

新潟のIさん、博物園で預けていってくださった品物、確かにいただきました。ありがとう
ございました。レンタル料より高くついてしまったのではないですか?
でも、好物を気に留めていただいていて、嬉しいです。
Commented by にんじん at 2010-06-13 06:47 x
今の時期も、よさそうですね。
Commented by BUN at 2010-06-13 06:57 x
あかねずみさん、おはようございます!
真夏のような一週間だったので、こんなことになっているのではと
危惧(笑)していました。やっぱりですね。
きょうまでお天気もちそうな日曜日、すぐにでも飛んで行きたい
心境ですが、やはり下りリフトがネック。
それにきょうは暦上、物事始めるには最良の佳い日で、
もの好きこいで(爆)、庄内三十三観音参りを始めようと思っています。
http://www12.plala.or.jp/inookadera/rekisimini/33kannon.htm
鳥海山のハクサンイチゲも咲き始めたとの情報。
来週末は体が三つくらい欲しいです~(^_^;)
Commented by akanezumi1984 at 2010-06-13 08:43
にんじんさん、こんにちは。
まだまだ全体的には茶枯れたところと雪ばかりで、花は少ないで
すが、種類が増え始めました。なにもないところに、ぽつりぽ
つりと顔なじみが顔を出しはじめるのに出会うのは、久しぶり
の友人に再会するようで嬉しいです。
4月5月は、だんだん雪が減って行くのをさびしく感じるのです
が、花が咲き始めると気持ちは花に向かい、雪解けが進んで花が
咲くのを楽しみにしてしまいます。
Commented by akanezumi1984 at 2010-06-13 08:54
BUNさん、庄内三十三観音参りですか。寺社には古い木立が残っ
ていたり、美しい庭園があって楽しめそうですね。
月山の花は、まだ全体的には茶枯れにぽつぽつの寂しい感じです
が、日当たりのよいシラネアオイ街道は一気に満開の様相でした。
スキー場沢コースはまだ沢が開いてないので、午後遅めの時間だ
とスキーヤーも少なくなり、登山靴だけで楽に歩けますが、そろ
そろ一部ごおごおと雪の下から音が聞こえ始めました。
リフトを降りてから、姥ヶ岳には距離は短いのですが、わりと急
な雪斜面です。誰かのステップを見つけて登りましょう。
晴天の暖かい日なら登山靴のステップが効くのでアイゼンなくて
もたいてい大丈夫ですが、かちかち気味のときは神経使いますの
で、簡易アイゼンを念のために持参するか、リフトの下駅でレン
タルのを借りると安心だと思います。(アイゼン返却時にデポ
ジット料返金されるので、実質500円のはずです)
by akanezumi1984 | 2010-06-12 23:30 | おらいの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984